12日目 / 13日目、福島宿〜野尻宿 (8月17日 日曜日)  / 14日目 / (目次表紙

本日の歩行距離29.08km (累計320.46km)

 昨夜は洗濯の乾燥をしたり、日記を書いたり、少しのんびりして眠るのが0:00を過ぎてしまった。うすい布団ながらぐっすり眠り、朝6:00ころ目が覚めるが、もう一度寝て、7:00のアラームで起床。


 お湯をもらってお茶を淹れ、おにぎり1個と部屋にあった「おんたけ」菓子2ヶを食べる。トイレ、ウォシュレットかなり最新。大小するが、大はあまり量が出ない。荷づくりなどする。洗濯ものまだ少し湿気っているが、なんとか乾いたか。靴は中に新聞をいれてもらっていたが、これもまぁなんとかはける感じ。あれこれしているうちに、あっいう間に8:36、そろそろ出発しよう!!ありがとうございました。


 11:20くらい、木曽福島から9kmちょっと歩いて、上松宿、上松駅まで来た。リュックをおろして一休み。ここも一時間に1本、電車が来るか来ないかという小さな駅。一応駅員はいる様子。
 待合室に入ると、何か汗くさいような匂いがする。改札を出てみると、学生らしい大きなリュックを持った団体が電車を待っていた。「匂いはこれか!!」と思いつつ、僕も同じか?(しかし、昨日は風呂に入り、洗濯もし、さっぱりしているはず)


 ここに来る途中、「木曽のかけ橋」など、木曽川沿いの険しい中山道の一面を見ることが出来た。旅も後半に入り、体も慣れてきたようで、快調に歩ける。ペースも1時間4kmくらい歩けているか。足の調子もまずまず。


 スマホで次の補給ポイントをチェックする。上松駅の少し先にコンビニがあるようだ。何か定食屋みたいなところで食べたいなー。12:00になる、そろそろ出発するか!!


 宿を出る時、昨日飲んだホットのカフェオレのペットボトルにお茶を入れてきた。道々まだ温かいお茶を飲みながら、カロリーメイトを1本食べた。駅で残りの1本を食べた。


 小野の滝、不動明王様にお賽銭10円。広重や北斎も描いたという名瀑。


 和みの水、和水を守る会に10円。おいしい湧水をいただいた。10円の寄付金を投入すると、音声がなり、水の説明などをしてくれた!! 空いたペットボトルに補給していただく。


 上松・荻原のサークルKにて補給。おにぎり×3、あんぱん×1、ミルクティー×1、弁当(のり弁)×1。久しぶりにしっかりしたご飯(のり弁だが)を食べる。(店内で飲食可) お金も残金2,000円ちょっとだったので、2万円おろす(手数料210円か!?) トイレ小も借りる。
 15:30、出発


 16:20、須原駅まで来る(無人駅)。FB、UPする。飛騨高山方面では大雨による被害が各地で出ているようだ。無事を祈る。飛騨路に高山線を引くのも大変だったと思うが、それよりもっと早い明治に中央線をこの木曽路に引くのは、尚大変だったことと思う。
 16:35、そろそろ出発!!


 17:38、大桑の駅。大まわりのようだが、晴れていればのどかな道を来た。駅でトイレ小。外の水道で顔と頭を洗い流す。次は野尻だ!!がんばろう!!


 18:30くらいか、今日の目的野尻まで来た。野宿出来そうな駅である。(しかし村の人が6:30〜12:30まで窓口を開けているらしい。その前に撤収しなければ)待合室内にテントを張らせていただこう。

 到着してすぐ濡れた靴を脱ぎ、サンダルに履き替え、湿った服を着替えた。(駅のホームに出ると、民家から見えないので、そこでパンツもはきかえた)タオルを水道でしぼり、体も拭いた。寒くは無いが、体が冷えないように乾いたものに着替えて作業着の上着も着た。

 外は雨がしとしと降る。19:30になる。電車はこの後20時代に上下1本ずつ。22時に長野方面、23時に中津川方面が来て終了だ。


 あんパン食べる。ガイドブックなど見て明日の予定など考える。20:30すぎて、電車が行くとテントを張ることにする。歯を磨いてトイレで小用。テントにもぐるとほっとする。もう2本電車が来るが、中で過ごそう。


 昨日までより気持ち暑いかな?標高も下がったかもしれないし。明日は少し天気も回復するか?

「さらしなや旅館」の前で写真を撮っていただく
 
木曽福島駅 / 中央線開通当時のトンネル、今は通れない

「木曽の桟(かけはし)」と呼ばれた難所界隈

「鬼淵鉄橋」(右)、大正3年架橋の国産最古の鉄橋

上松宿、上町に残る古い街並み

上松駅ホーム、山登りの学生達
 
小野の滝          和みの水

家々が離れている集落の集合新聞受け
 
須原宿、町のあちこちに「水舟」がある
 
雨に煙る山村、増水した木曽川

今日のFacebookから


 









 
木曽福島を出発した。

明治43年、中央線開通の際に
掘られたトンネル(以前は歩いて通れたが、
今は通行止め)を見る。


増水した木曽川を下り、
かつて「木曽の棧(かけはし)」と
呼ばれ、川の崖っぷちの岩壁に、
はりつくように作られた道が
あった場所を歩く。

岐阜の飛騨で言えば、
「中山七里」のようなところか。


9qちょっと歩いて、
上松駅で休憩。

駅が汗臭い、と思ったら、
どこかの大学の、大きなリュックを
もったワンダーフォーゲル部のような
団体がいた。


(僕は、昨日は風呂に入りましたf(^^;)


Facebook 2014.8.17 AM11:53



 

 

須原宿、須原駅(無人駅)まで来た。

飛騨地方、特に高山方面では、
大雨のため、各地に被害が
出ているようだ。

みなさまの無事をお祈りします。

久しぶりに、ちゃんとおかずのある
食事をした。(のり弁だけどf(^^;)

滝は、小野の滝。
広重も北斎も描いたという名瀑。

Facebook 2014.8.17 PM 4:36

  野尻の駅。
写真は、18時30分ころ。
いまは、くらくなって、
虫の声が聞こえる。
雨も小降りになり、
ヒラタクワガタが来た。
静か。
特急しなのが、通りすぎた。
明日は、岐阜県に入れるかな(^^)

Facebook 2014.8.17 PM 7:43



12日目 / 13日目、福島宿〜野尻宿 (8月17日 日曜日) / 14日目 / (目次表紙