山中和紙は、岐阜県飛騨市河合町で生産されている和紙です。その特徴は、冬に雪上で楮(こうぞ)をさらし、自然漂白を行うことです。身を切るような冷たい水、身の凍るような冷たい雪の中での作業は、決して楽なものではありません。 


山中和紙の名称の由来
 昔、飛騨紙の産地の中で、最も山奥で生産されていたことから山中和紙の名が付いたと言われています。

山中和紙の歴史 
 飛騨の製紙は、中世鎌倉時代初期・建仁2年(1201〜1204年)頃から盛んになり、室町時代・応永12年(1349〜1428年)頃には、貴族間での贈り物となっています。

 天正14年(1586年)に飛騨高山の領主となった金森長近は、製紙を奨励し、享保12年(1727年)の資料によると、角川(つのがわ)や稲越などで。丈長・端不切など大変高級な紙を漉いています。
 幕末から明治にかけて、飛騨では24ヶ村の紙を漉く村がありました。
 






  
    飛騨市河合町って?
 日本のちょうどまん中あたりにある岐阜県。その北部(飛騨)の豪雪地帯に河合町はあります。2004年(平成16年)に合併をして飛騨市になるまでは、吉城郡河合村という小さな村でした。村全体が険しい山地で農業に適さなかったため、古くから林業や手工業で暮らしを立ててきました。山中和紙もその伝統工業の一つです。
 飛騨市は河合村の他、古川町、神岡町、宮川村の4町村が合併をして誕生しました。周囲は3000mを越える北アルプスや飛騨山脈などの山々に囲まれ、総面積792.31平方キロメートルの約93%を森林が占めています。年間を通しては、平均気温11度で四季の移り変わりを肌で感じることができ、とても自然に恵まれた地域です。

     飛騨市公式観光サイト 


 
  山中和紙 紙すき体験「いなか工芸館」
 農家の冬仕事として山中和紙は細々と伝承されてきましたが、近年では生産農家が激減、生産技術を守り伝えようと作られたのが「いなか工芸館」です。紙すき体験や草木染め体験ができます。地元の保育園では自分の卒園証書を自分で漉いて作ります。800年の伝統の技を「いなか工芸館」で体験してみませんか?

     (飛騨市公式観光サイトより)

  このページの壁紙は、山中和紙をスキャナーで取り込んだものです。

次ページ 「山中和紙でつくろう!」