撮影:ひだびと。釜谷
   平成25年8月9日。 又従兄弟のモト・ダイ、「ひだびと。」編集長釜谷の見送りを受け、東京・日本橋から、京都三条大橋に向け出発しました。
 その道中日記と、撮影写真をそのまま掲載。旅先での記述につき、文章の稚拙・幼稚はご容赦を!!
 


【旅にあたって準備したもの】
・イグニオスポーツシューズ(1,970円)+フィートインデザインのインソール  ・笠(飛騨一之宮の宮笠)  ・1人用テント一式  ・作務衣(上下)×2  ・シャツ、パンツ、靴下×3(着ているもの含む)  ・キャンプ用自動膨張式マットレス  ・簡易合羽  ・梅干し(自家製25粒)  ・太田胃散  ・正露丸  ・かゆみ止め  ・靴ひも予備  ・メンソレータム  ・にんにく卵黄(必要性は感じなかったが在庫処分のため。しかし、元気を出すおまじないに有効)  ・石鹸(出先にあるため一度も使わず)  ・歯磨きセット  ・テーピング  ・綿棒  ・バンドエイド  ・ポケットティッシュ  ・髭剃刀  ・ノート1冊  ・ボールペン3本  ・財布  ・保険証  ・国内旅行保険手帳  ・名刺入れ  ・東海道ガイド本  ・タオル×2  ・日本手拭い×2  ・洗濯バサミ×12  ・ビーチサンダル  ・予備メガネ  ・デジタルカメラ、充電器  ・予備SDカード  ・USBバッテリー  ・スマホ、充電器  ・エネループ電池×4本、充電器  ・ミニ三脚(一度も使わず)
   
撮影:ひだびと。釜谷 


「イグニオスポーツシューズ」 安いのに高性能だった!!
 「フィートインデザイン」のインソール。まさに足元を支えたか!!(画像をクリック!)
 
【あると良かったもの】
・うちわ(テントで必須!) ・ソーラー充電器(電池買うのも大変!、捨てるのも大変! 小型・薄型があれば最高!)  ・着替えはズボンも含めて3セット(1セットだけで洗濯は非効率なので) ・上着は1着でよかったか?(暑くて着てられない! しかし、クーラーの効いた店では必須! 凍える!)

以上をリュックサックにつめ込んで出発!



第1日目 8月9日(金)日本橋〜横浜 31.2km

 芝三丁目の川端の公園でうんこ。昨日買った弁当(セブンイレブン)500円喰う。気持ち悪くて半分残す。

 二日酔いでつらい。五反田の先の公園でもうんこ。ちょっと横になり、梅干し喰う。水道で頭を流す。

 大田区の荏原のあたりか?公園で休憩。(新幹線の高架のあるところ)30分くらい横になり、水道で頭を流す。少しうとうとした。大分気分が良くなる。セミが近くでなく。

 二日酔いはだいぶ良くなってきたが、15時すぎくらいから足が辛くなる。「すきや」でめし。うんこ(下り)、正露丸飲む。

 東神奈川で今日はギブアップしようとしたが、宿が無いため横浜まで最後の力を振り絞る。(二日酔いのダメージ回復のためテントは避けたい!)

 スパ天国!!つかれた足にジェットマッサージ最高!!
さいわいマメなどのダメージはまったく無し。親指の付け根が痛い。(痛風か!?)

体重 風呂前67.2kg → 後67.0kg

今日買ったもの
・147円ポカリ(サンクス?)
・芝のローソン 水2L(198円)
・川崎スリーエフ アクエリアス1L(178円)
・鶴見 すきや ミニ牛丼・サラダセット(330円)
・スカイスパ (2,300円+1,500円)
 
五反田駅前のひまわり


日本橋から15km、旅情無き道


多摩川を渡れば神奈川県


横浜スカイスパからの夜景
(スマホで撮影)




第2日目 8月10日(土) 横浜〜平塚 37.4km
  


横浜スカイスパから朝日(スマホで撮影)



 
保土ヶ谷一里塚(左)と権太坂(右)

平戸のあたり 果樹園が拡がっている
 
その名の通り大きな坂だ! 霊波のおばちゃん! 

「吹上」まさに風が吹きあがって来る! 

 自家製梅干し喰う 熱中症対策(スマホ撮影)

湘南の海 遠回りして見に来てまった、、
(余計な体力、、疲れた)
 
 朝、体重66.5kg。昨夜は時々目が覚めたり、寝付けない。(大部屋のせいか、興奮してるのか。いつもの宵っ張りが抜けないか)それでも眠った気はして、5:30頃目が覚め、5:53行動開始。朝少しうんこ。携帯の充電(100円)、20分では半分も充電できず、100円TOPバリューの店を途中で見つけて、電池3セット買う(300円弱)。朝風呂、66.5kg、寝ている間に0.5kg落ちた?朝日がきれい。

 6:30頃か出発。保土ヶ谷まで新道、そこから旧道へ。一里塚でお参り(10円)。越後屋の写真(撮る)。

 権太坂きつい!!途中で座る場所もなくつらい。登りきった自販機でお茶(100円)で一心地つく。8:30くらい。横浜から6.5km。

 10時、すきやで朝食、納豆定食(280円)。果樹園(平戸)。権太坂からの旧道、良い感じだったが、UPダウンきつい。新道の方がフラットに開発されていて楽そうだが風情はない。どっちが良いのか!?

 その間、ランタスティックがストップして、せっかくのルートの記録が直線に!!後でグーグルアースで見るのが楽しみだったのに。これからはマメにアップロードしていこう。しかし、坂がこんなにきついなんて、久しく「坂道」とは無縁だった。しかし、登れば下るわけで、下りは楽。しかし、調子にのると膝をいためる。10:30出発!!(にんたま5つぶ飲んだ。正露丸も)

 戸塚駅近くで、水2L(98円)ローソン。

 11:45に坂途中で休憩。やっぱ坂きつい。坂の途中でばーさんに霊波の光のパンフレットもらう。

 風が吹くと心地よい。この状態で風を感じるとまことにありがたい。昔の人はそんな風(かぜ)に名前をつけて神の恵みを感じたりしたのかな?

 「大坂」(おおきなさか!)の上、「吹上」。わかるな〜、この地名!!

 浅間神社、原宿一里塚を過ぎ、藤沢への道、ほとんど日影がない。12:45ローソンでガリガリ君ソーダ味(62円)を喰う。冷たくてうまい!!

 湘南新道のセブンイレブンで、セブンイレブンスポドリ(スポーツドリンク)2Lと洗剤買う。14:48なのにコインランドリー現れず。洗濯作戦できない!!俺くさいかも!?
 湘南新道、ぜんぜん面白くない道。淡々として素っ気ない。身体は大丈夫だが、足が痛み休み休み。

 (「湘南の湯」スーパー銭湯に寄る)風呂上り65.4kg 血圧117/80 脈拍106

 風呂屋からネットで探したコインランドリーまでとぼとぼ歩く。(300円)+(200円)(乾燥)

 泊るとこどうしよう。川の方へ行くか、(又、30分歩く?)(洗濯27分+20分乾燥)、19:15に風呂を出てきたのにもう21:25分。(何で?)

 なんとか川べりから公園を探索し、公園にテント。警備員、歯を磨いていたら巡回。でも何も言わず。こっそり隅っこにテント。 



第3日目 8月11日(日)平塚〜小田原 22.3km

 朝5:30頃起きる。やはり昨夜もよく眠れず。暑い、汗だらだら。明け方になって少し涼しくなり眠れたか。歯を磨いて、両足に出来た(薬指)マメにバンドエイドとテーピングで補強。破れていないが本格的に痛くなる前に手を打つ。

 公園のトイレ(施錠されて)開いていない。コンビニでトイレ。おにぎり2個(220円)買う。1個だけ喰って(トリ五目)、1個は持って行く(シーチキン)。昨日の残りのスポドで無理やり喉に押し込む。


 しばらく歩いてテーピング補強。薬指好調だが、左足小指が少し痛いので早めに補強。


 4.5kmくらい順調に歩いた。警察の横の公園で一休み。水道で頭を流してさっぱり。

 平塚のあたりから変わった山が見えたりして景色が変わる。道路わきには茅葺の家もあったりした。


 昨日のコインランドリーに手甲忘れる。ショック!!しかし、出発の時気付いたが、もどる余力(プラス5kmくらい)はない。2日のお供だった。しかし、今日からは作務衣の上着も脱いでシャツ1枚。 実際は手甲も汗ぬぐいには便利だが暑いのだ。 もう形にはこだわっていられないことに気づいたのでシャツ1枚。かなり楽!! それと寄り道も禁止!ひたすらゴールを第一の目的とすべし。 この暑さの中、余力はない。 写真も道中こだわらないこと。 これも結構消耗する。


 8:00過ぎ、コンビニでお茶(500ml 98円)を買って、少し先の木陰でこの日記の記入と、おにぎり二つ目喰う。お茶なども1L、2Lは買わないこと。重くて辛い。そのつどの方が効率的(冷たいのも飲める)。(鴫立庵のところにて)写真撮影。

 大磯あたりで、ローソン100円で、電池×2(98円×2)と、ライチー塩ひとつまみ(105円)だったので買う。トイレも借りる。

(つばめがいるよ!)

 右に低い山が見えたり。途中の郵便局前で一休み、少し横になる。

 二宮町山西のセブンイレブンで、麦茶(98円)。トイレも借りる。昨日あたりまであんまりトイレに行かず、汗で出るからと思っていたが、意識して出した方がいいらしい。量は少なく色も濃くなっているが、やはり定期的に排尿した方が楽かも。梅干しも喰おう。ペースは大体3km/hくらい。

 坂を上って下りになって、へとへと、もうダメってことで自販機チェックイン。ダイドースピードアスリート(130円)。自販機のは冷たくてしみる!!(常念寺入口前)。足の小指にテーピング補強。

 国道1号と西湘バイパスが接するころ、12:00も近くなり気温も上がってきたようだ。海辺の道路の照り返しがきつい。そろそろ長時間休憩をせねばやばい。ガストまで1.7kmある。歯をくいしばるようにフラフラになって到着(12:10くらい)。 昼時で混んでいる。「汗臭いかな?」心配になるが、もうそんなこと心配していられない。死ぬかもしれないのだ。「大人一人」で名前を書き待つ。幸せそうな親子連れ。オレ何やっているんだろうと思ってまうがね!!
 オムライスシチューソース頼む(628円)。胃に優しそうで、栄養の付きそうなやつ。
 奇声をあげて床に座り込んだり、寝転んでさわぐ子供。親は知らんぷりだったり。やっぱり前言撤回!!(幸せそうな親子連れに逡巡するくだりの件)

 初日は二日酔いのせいもあって下りだったうんこも、あまり出なくなる。出さないと調子にさわると思い、ウォシュレットで刺激してひねり出す。ガスト内はクーラーで寒いので、作務衣の上着を着たが、トイレの鏡に映る髭面の作務衣姿はむさい。

 ガスト後、夕方までどこか涼しいところで昼寝でもしたかったが、そんなあつらえ向きな場所は無く。(木陰のある小学校の校庭も入りづらい。。) 結局、日中に強行軍することに。ガブガブ水分を取り、氷を喰い、しかし水浴びは出来ず、今日もほうほうのていで小田原入り。

 ネットで探して湯宿になんとかたどり着く。風呂で汗を流すとホントにほっとする。さっきまで死にそうだったのに、明日の箱根のことを楽しみに考えてしまう。マメが少し大きくなったが、テーピングのおかげでなんとか大丈夫だった。つぶした方がいいのかな?

風呂前 65.7kg 風呂後 65.6kg

 この小田原の湯、スマホのクーポンで(3,500円)(1ドリンク付き)、仮眠室もあってなかなかよい。食堂などの施設も良い。テレビ、新聞見てたら「列島猛暑」だって!!つらいはずだわ。 17:30頃晩飯も喰う。携帯充電も無料で1Fで出来るが、そばについていないといけない。にんたま、朝晩4粒づつ飲んでいる。 
 

これが愛用のテント 我が宿です
 

すみっこでいいですから、、張らせてください、、


「鴫立庵(しぎたつあん)」 大磯あたり


「京都の落柿舎、滋賀の無名庵と並び、日本三大
 俳諧道場の一つとされ、敷地内の石碑銘文「著盡
 湘南清絶地」から、湘南発祥の地ともされる」云々


大磯あたりの松並木


つばめがいるよ!


小田原市 来た!


今夜の仮眠所「万葉の湯」



第4日目 8月12日(月)小田原〜三島 34.3km

 

  
「万葉の湯」(左)      「小田原城」(右)

  
あの山を越えるのか、、  吊橋も渡ります(怖い!)



  
畑の茶屋 「畑宿一里塚」  「石畳」 まさに苔滑らか


「どんぐりほどの涙こぼる、、」


「橿木坂」(かしのきざか)界隈


甘酒茶屋 資料館「大高源吾 詫び証文の図」

  
   甘酒茶屋(左)     昔の駕籠(かご)(右)


観光地芦ノ湖は薄曇りだった

  
杉並木(左)に、箱根関所(右)


なだらかな下り坂が続く


畑作農家が多い スプリンクラーで水を撒く


おだやかな小路を行く


地元の方の信心を感じる


コロッケ定食 三島の食堂「八つ家」にて
自家製ヨモギ茶(左上ペットボトル)がうまい!!
 
 4時にアラームで起きる。昨日早めに休んだが、こんなに疲れていても寝つきが悪い!! 結局寝たのは22:00くらいかな?1:00に目が覚めた記憶もある。 しっかり準備、テーピングして歯磨き、顔洗い。携帯充電。エネループは部屋で寝ているうちに充電できた。 うんこ、細いのが3本くらい。5:05携帯充電待機、81%。 「万葉の湯」なかなか良い。こういう宿が道中点々とあれば良いのに。

 宿の前の吉野家で(380円)の焼きさけ朝定食喰う。 念のため、もう一度うんこ。 あまり出ない。 5:40出発。 小田原城を左に見つつ東海道へ。 向うに見える山々を見ると、「大丈夫かな?」と思う。

 まず3.8km歩いた。ローソンで休憩(6:25)、麦茶(98円)。 朝は涼しいとはいえ汗が出る。

 途中セブンイレブンに寄るが、まだ2kmしか歩いていないので何も買わずに出る。

 旧道に入りしばらくすると坂道に。 いよいよ来たか、天下の剣!!(7:55) ひたすら登るしかない。 「一歩一歩踏みしめて」なんて今まであったか!? 坂はきついが、まだそんなに暑くなく、木陰も多いので助かる。

(つばめがいるよ!!)

 しばらく自販機もなくやばい!!と思い、ホテル「はなつな」というところで自販機あるか聞く。 外に安いのがあると聞き、ポカリ(130円)で買う。 さっきのセブンイレブンから3km、やはり1時間かかった。

 鎖雲寺のところにつめたい水道あり。 飲めるか知らんが、頭から水をあびてさっぱり。 元気出た!!

 ようやく寄木細工のある、畑の茶屋まで登ってきた。 ひたすらおっちらおっちらの坂道。 お茶(130円 ダイドー葉の茶)を飲み、大黒天(守源寺)の水道で頭から水をかぶる。 鎖雲寺の近くにもトイレがあったが、ここにもきれいなトイレがあり、ご老人夫婦が掃除をしてくれていた。 トイレを借りておしっこ。 ここからはいよいよ石畳の道を行く。

 畑の茶屋から距離にして720m、橿木坂(かしのきざか)まで来て一休みと、スマホの電池交換(補助バッテリー)。 1kmないが坂がかなりきつい。 橿木坂由来、看板あり。 「どんぐりほどの涙こぼる」と。 しかし、初日の二日酔いや平地での暑さと比べると、木陰もあり風も吹くせいか、今のところきついのだが多少周囲を楽しむ余裕もある。 短いが石畳も歩いた。 まさに「苔なめらか」であった。

 ここ七曲りあたりは、歩行者用にショートカットの階段がある。 歩道もないので車道は危険とのことだろうが、この階段がえらいきつい。 距離は短くなるのだろうが、疲労は数倍か? まさに「どんぐりほどの」だ。

 甘酒茶屋まで来た。 畑の茶屋から距離2.11km、その間補水なし(手ぶら)だったがなんとか持つ。 箱根路は死なない程度に茶屋があるのかな。 でも、心配な人はやはり水を持った方が良いが、少しでも荷は軽い方がいい。 ここは無料休憩所もあり、資料館も無料併設されている。 全体に薄暗く昔風情なのだが、しかし、、、資料館入口の梁が薄暗い中、あまりにも(ありえない!しかし昔はこの高さが普通か?)低く、頭頂部を絶妙の角度で強打!!強烈な痛みと衝撃と、そして怒りが今までの疲れも吹き飛ばす。 買ったばかりのペットボトル水(100円 550ml南アルプス天然水)を頭に乗せて冷やす。 気持ちいい。 しかし大事に至らずよかった。 ここは有料の店もあるが、駐車場の方に100円の自販機もある。 よかった。 鶯など鳥のさえずりも聞こえて風情よし。 トイレでおしっこする。

 しばらくして、また石畳に。 30分も歩くと芦ノ湖へ。 すっかり観光地でギャップを感じる。

 関所、500円で有料だったので迂回。 少し先のドライブイン(旅物語館)が集まっているあたりで自販機(130円 ダイドースポーツアスリート)。

 雷かな? 薄曇りのなかドンドンと音がする。 13:10、途中のお店でアンパン(130円くらい?)、半分を歩きながら喰う。

 道の駅「はこね峠」まで来た。 関所から2.3km、もう少し行けば本当の峠であとは下りか。 行くしかない。 遠雷の音が気になる。 トイレでおしっこする。 車いす用トイレで頭を冷やさせてもらう。 150円で自販機、富士山のバナジウム天然水530ml買って出発する!!

 箱根峠を越え約5km、山中城跡の休憩所・売店まで来た(売店は閉まっている)。 150円で自販機、そうけんび茶、冷たくてうまい!! やはり自販機物は冷たくていーがー。

 峠を越え三島側に入ると、同じ箱根八里でも趣が違う。 下りで楽をしているのが最大の理由だが、静かな雰囲気を感じた。 里まで下りてくると、もう国が違うのがわかる。 何が違うのかは細かく見出せなくとも、旅情が湧く。 遠くへ来たと思わせる空気はわかる。

 ここまでの道のりも、途中からは旧道で木陰涼しく歩きやすかった。 下りだからと気を抜くと、滑ったり、くじいたりしそうで慎重に歩いた。 鶯鳴いているよ。

 トイレでおしっこする。汗がたくさん出ているせいか相変わらず量は少ない。 ケツの筋肉が痛くなってきた。 タレたケツがUPするか!? にん玉4つ飲む。

 三ツ谷新田というところまで来て、自販機で水110円(ダイドーミウ海洋深層水おいしい軟水)。 下りも勾配がきついと足の裏も痛い。 少しづつ、ちょっちょっと下りる。 ここらあたり畑作が多いようで道も風情ある。 水飲んでたら通りすがりのおばちゃんが、「登りですか?下りですか?」と聞いてくる。 「おかげさまで下りです」と言う。 ここらでは、東は登り、西は下りと決まっているんだなぁ。

 ネギ農家の出荷作業。 水洗いして箱詰め。 よい匂いがする。 子供がまわりで遊んでいる。

 三島駅に到着したが、新幹線側(の駅前)に来てしまい、(反対側に渡る)通路は無く、ちょー大周りで在来線側に行くも、手頃な風呂・サウナは無し。 ネット検索でも出ない。 そこで「マンキツ・カラオケ」を思いついて検索。 カラオケは一人はダメ、泊りもダメ。 マンキツOK、しかし新幹線側!! また戻るのか!! 明日からは駅の並び、マンキツ・カラオケなど、事前調査の幅を広げるべし。

 ようやくマンキツ近く。 7時間1,600円、10時間2,600円なので、7時間で済ますため、まずは近くの食堂に入る。 コロッケ定食630円たのむ。 自家製ヨモギ茶(冷)出してくれる(ペットボトル2Lで!!)。 うまい!!(石渡初枝さん!!)。 一息つく。 今日もよかった!!疲れが吹き飛ぶ!!
 コロッケ定食。焼鯖、やっこ、おしんこなども付いて盛りだくさん。 安い!! でもあんまり食べられない。 食堂「八つ家」、いいかも、親切。 少しお店のおばちゃんと話した。(トンカツ定食770円、他690円〜、納豆定食550円)

 マンキツ、7時間まで1,700円(?)、入会金も取られ300円、シャワー300円、さっそく浴びてさっぱり。 フラットお座敷タイプで横になる。 悪くはないが当然明るい。 なかなか寝付けないのはいつもの事なので、あまり場所を悪くは思わない。 さっぱりして横になれるだけでもありがたい。 時間がもったいないのでしないが、マンガ・PC・テレビも当然使いたい放題で、ドリンクも飲み放題。 1時間ほどしてやはり目が覚め、23:30。24:00に寝たとして3時間か、、、。
 


第5日目 8月13日(火)三島〜興津 46.9km
 
 結局、わずかばかり寝ただけで3:10アラーム。 大急ぎで身支度して3:32のチェックアウトに間に合う。 マンキツはごろっとできて良いが、サウナ同様、耳栓がいるな。 あとアイマスクとか。 慌てながらもチェックアウト後、うんこ。 細いの5〜6本。気にしつつも、フリードリンクなのに、朝の一杯が飲めず。
 出かけてすぐに喉が渇くが、都合良く公園などもなく、結局自販機(110円 南アルプス天然水550ml)。

 一時間弱、4.4km歩いたところで小休止。 やはり朝ははかどる。 しかし、ちょー寝不足心配。 昼寝しながら行くべ。 3:40ころ出発したが、4:15頃からなんとなく空が明るくなり、4:46の今はセミも鳴いている。(岡宮公民館)

 5:32、二度目の小休止。 「けん」というステーキハンバーグ&サラダの店の前。 朝は人がいなくてどこでも休めてよい。 日の出前はまだ涼しくてよい。 左足人差し指が少し痛いので、見たら先っぽにマメが。 さっそくテーピングで補強。

 しばらく歩くも、このまま1号線は単調でつらい。
 そこで、意を決して(ルールに逆らい)左に折れ、旧東海道方面へ。 1kmちょっと無駄にしたが、その分、海岸線の道はすばらしい。 なぜ疲れが軽減するのか!! こういうところを歩きたくて来たのだ!! 途中買ってきた水(自販機 150円 いろはす)飲みつつ我は行く。 にんたま4つ飲む。

 海沿いを、海を眺めたり、島を眺めたり、空を眺めたり歩く。 そのうち日が高くなって少し暑くなってくる。 今度は海岸の横に伸びる松林の中の道を歩く。 ちろちろ木陰で歩きやすい。 松林のさらに横は東海道(旧1号)が並走する。 なかなかコンビニなどは無い(工場・会社→小さめの事業所が多い)が、自販機がちょこちょこあるので、喉が渇けば松林を横切り自販機で買える。 110円(富士山のおいしい水600ml)を買った。 まだ朝飯にありつけないので、梅干し一粒も喰う。

 富士市に入り、しばらくすると松林歩道終了、旧国1に出る。

 東田子浦駅に寄った。小さな駅、JR東海だ!! タクシーがやってきて 「小林さんって誰が乗るっちゃ? おたくら?」 とのんびり運転士が言う。

 途中神社によりお賽銭(10円)出してお参り。 その後、手水で頭を流させてもらい、手拭いもゆすぐ(すいません!!)。 しかし、さっぱり、楽になります。 濡れ手拭いを頭に巻いて笠をかぶる。 首元も、延髄も濡れ手拭いで涼しく! (太陽の延髄切りに用心)

 腕が日焼けでひりひりしてきた。 「檜」というところの交差点で小休止。 今度は130円でダイドースピードアスリート500ml。

 吉原、何もねー!! ハマッタ。 三島の夜と同じような失敗。 南北うろついて田子浦方面強行したが厳しい。 人の歩くとこじゃない。 やはり遠回りでも東海道戻るか、、、、。 130円(ダイドースピードアスリート)自販機。

 1号をとぼとぼと富士駅方面で。 そろそろ仮眠せねばー。 バイパスは歩けるのかー!! ナビよ!!

 又自販機で水110円(富士山天然水)500mlダイドー。 PCデポッド近し。

 ほうほうのていで富士市駅へ。 これも最初読みを外し、南口へ行き、たいして店もなく、駅通路(エレベーターに乗り)で北口へ。 商店街らしきものもあり、BGM・アナウンスも流れているが人が少ない。 歴史のある町のようだが、ご多分にもれずシャッターが多い。 一軒だけ見つけたそば屋でおすすめを喰う(1,050円 写真)。 800円のランチ(そば・トンカツ・ライスなど)にすればよかったー。 一息付く。

 700mほど離れたところにランドリーがあるのを調べ、そこへ行き洗濯。 その間30分ほどテーブルにうつ伏せて寝る。
 着ていたシャツも水道で絞り、そのまま着て身支度して何とか気合いだ!! 少し休んだせいか力が出てくる。 あと18kmで由比。そこで水道水飲んで出発。

 富士川、驚異、橋こわい!!(高所恐怖症)

 富士川駅小休止。 駅の水道で顔を洗い水を飲む(節約!!)。

 途中、堀さんにメール。 自撮り(スマホ)。 富士川駅より2.2kmの自販機でアクエリアス(130円 500ml)。 冷たい、やっぱりホンマもん(有名スポド)は沁みるぜ。

 蒲原文化センターのベンチで休憩。 トイレを借りて手拭いゆすぐ。
 青山社長の奥さんからCメールあり。

(静岡B/Kで一応お金をおろす。1万円 手数料210円)

 由比駅まで来た。 途中、お盆の迎え火を燃す人々に多く出会った。 古くから街道に住む人たちの佇まい。
 古い家を覗くと、奥まで続く玄関土間に、その右側に舞台のような盆飾りがしつらえられ、盆灯ろうが水色に灯っている。 街道中がけぶりに燻されているようだ。

 クリスタルガイザー500ml(100円)自販機。

 この先、駿河健康ランドまで行くのにバイパスを歩けとスマホに出るが、本当に行けるのか? タクシーの運転士さんに聞いても「港から行けば行けるかも」などと曖昧。
 バイパスで行けるか、240m程の標高の峠を夜道行くのでは、この疲労段階では生死を分けるかも。 しかし、行くしかない。 バイパス行けなきゃ峠だ!!と歩きだしたらすぐに交番があった。
 おまわりさんに聞くと(人の好さそうな初老人)、つい先の所から行けるという。 しかし、行ってみるとこれは危険だろうというジャンクション。 もしかしてもう少し先なのかと夜道を行って、それらしい信号のところまで行ったら、目の前に東海道線が横たわっている。 越えようと思えば越えられないこともない。 しかし、見つかれば間違いなく新聞沙汰だ!! もう一度さっきのジャンクションまでぐるっと引き返し、その途中、二階の窓から火を捨てるやつがいてオレに当たった。 迎え火をしていた周りの人も「当たったの?」と心配気。
 110円で南アルプス天然水500mlを自販機で買って、決死の覚悟で教えられた信号まで行く。 確かにバイパスの歩道に入る表示があった!!

 高速道路・バイパス・東海道線に挟まれた真っ暗な歩道を行く。 これはこれで覚悟がいるー!!

 途中、「冷やしぶっかけ桜むきえび天」を喰う(450円 券売機)。 まるで、人もクルマも同じ乗り物としてピットインって感じ!!

 暗くなると無理に早足になり、通常より足の痛みなども我慢できてしまう。 そんな風に、今日最後の力を振り絞るようにして駿河健康センターに着く。 闇の中、輝くように出現した救いの宿のように見える。 
 チェックインし、マッサージ風呂など手際にこなし、急いでリラックスする。
 体も洗い、早く眠りたい。。。
   
まっすぐに延びる東海道線


沼津方面を望む


百合の咲く海辺 タカサゴユリという外来種らしい

  


「小林さんて誰が乗るっちゃ?」


「田子の浦」 うち出でてみても万葉の趣は無し


「おすすめ」(揚桜エビが乗っている・スマホ撮影)


コインランドリー「ふるいや旅館」(スマホ撮影)


東海道難所今昔 「昔箱根、今高い橋」 富士川


家々の前ではお盆の迎え火が焚かれる





  
真っ暗な歩道と 「冷やしぶっかけ桜むきえび天」


東海道線も光を投げ捨てながら疾走する


おーっ、あれに見えるは救いの砦か!?
 


第6日目 8月14日(水)興津〜宇津ノ谷峠 28.1km

   
昨夜は、あの山の向うから歩いてきたのだ




興津宿の公園 スタンプが置いてある


清見寺、山門と境内の間を電車が走る


「東海名区」の扁額
風光明媚な名刹は、「東海名区」と謳われた


中吉田交差点 京都まで320km

  
     静岡駅前      そば処三島屋「カツドン」


「人の一生は重荷を負って遠き道をゆくが如し」
うむむ、徳川家康。(駅前東照宮の碑より)


阿部川を渡る


丸子(まりこ)宿名物、とろろ汁の茶屋

  
  宇津ノ谷峠へ続く集落  明治時代に掘られたトンネル


暮れゆく峠 テントの中から望む
 
 昨夜、カードで基本料金1,950円を支払いチェックイン。 まず風呂でマッサージ泡風呂などで疲れをほぐす。 いや〜極楽!! 最後の力を振り絞って体を洗い着替える。 (風呂前77.1kg なぜ増えている、うどんのせい? 風呂後76.6kg)

 仮眠室へ行くと意外と狭く満室!! やばい!!と思ったが、22:30から別の部屋が開くとのこと。 その前で並んで一番乗り。 (タイミング良かった。 その時22:15だったので待つことができたのだ) すかさず大広間の仮眠室の中で、コンセントの近くをゲット!! 充電もできた!! (いいのか!?)

 さすがに良く眠れたが、すぐに寝付けないのはいつもの通り、、。 となりのおっさんは10秒くらいでイビキかいていたのに。 夜中1時、2時に一瞬目が覚める(他の人のアラームか? 3時に出ると追加料金無しなのだ)。 そして4時にも目が覚めたが5時に起きる。 体が痛いと感じたが、朝風呂でリフレッシュ、元気出た!! 今日が楽しみに感じてくるから不思議だ。 うんこ、形の崩れた軟便。
 昨日歩いた距離は46.9km、こんなに歩いたか!! 歩きすぎ、疲れる訳だ。
 水を自販機で買う(120円 富士山天然水500ml)、もう一度おしっこをして出発(追加料金1,050円カード 夜中3時過ぎると追加料金発生なのだ)。
6:40出発

 宿を出てすぐのローソンでおにぎり210円(こんぶ・シーチキンマヨ)。

 公園で手拭い濡らしスタンプを押す(興津宿)。

 3.76km歩いてローソンで休憩。98円麦茶500ml。

 途中、清見寺(せいけんじ)で、門の中を列車(東海道線)が走るところを見る。写真も撮れた。 ここは押さえようと思っていたのでよかった!!

 今日は日差しが強くなるかな、まずは静岡まで16kmくらい。 2個目のおにぎり喰う(こんぶ)。

 清水駅近くのセブンイレブンで麦茶(98円 セブンプレミアム)。 おしっこもする。 この旅で初めて太田胃散飲む。

 9時過ぎてだんだん暑くなってきたが、清水は風があって楽。 まぁ、午前中や夕方の日が斜めなうちは、建物の日影も多いが。

 スタートしてから8km、あわてず来た。 ホンダクルマ屋の軒先で休む(すきやの横 清水区鶴舞町)。 梅干し喰う。左足の人差し指のテーピングも予め補強。 風が気持ち良い。

 1.97km、セブンイレブン清水七ツ新屋店で休憩。 7プレミアムゆずれもん500ml(98円)買う。 トイレでおしっこ。 少ししか出ないが無理せず出来る時に出しておくことに。 タオルをすすがしてもらう。

 中吉田の交差点「なかよし橋」という歩道橋のたもとに小さな公園があった。 水道がある!! さっそく頭から水をあびてさっぱり!! 生き返る。 暑さにはこれが一番!! 知らない自転車のおっさんがしゃべりかけてくる。 本人は60年代の頃の人というが、「お兄さんまだ若いでしょ、大学出ているでしょ」としきりに聞いてくる。

 笠も頭に当てるところなどが、だいぶ臭くなってきたので洗う。 笠を濡らしてかぶっても気持ち〜、発見!!

 静岡鉄道、車両ラッピング派手やな〜

 静岡着。 関東を出てからは一番の都会か。 地方の都会は広いな〜。 道の向こうに行くにも一苦労。足は疲れていたが、ゆっくりしたかったので店を歩いてさがす。 良さそうなそば屋があったので入ると、奥に座敷テーブルもあり、靴を脱いでくつろぐ。 コンセントもあり、お願いしたら使ってもよいと言ってくれた。 ラッキー!! カツドン950円を頼む。 (央と少しпj(そば処三島屋)何度もお茶をいれてくれて親切。 高校野球、甲子園静岡常葉の試合をテレビでやっている。

 店を出て少し行ったところの公園で30〜40分昼寝。 休んで16:00近くに出発。 木陰のベンチで将棋をさしている人多数いた。

 暗くなる前に書く。 その後、阿部川を渡り、又、橋恐怖!大井川とかどんなんだと先が思いやられる。 途中自販機でクリスタルガイザー500ml軟水(100円)を自販機。

 とぼとぼ歩くと意外に早く丸子まで。 手前マックスバリューで念のため食料、カロリーメートみたいなやつ(130円?)買う。 蚊取り線香気になったが買わず。 トイレでうんこ(いつもの軟便)して山行きに備える。

 丸子過ぎ、宇津ノ谷峠に向かう。 念のため水2L(95円)コンビニで買う。 もし歯を磨く水も無かったらの想定。

 結局峠は日が暮れそうで断念したが、明治のトンネル前でテント張るの良いところがあった。 トイレもある。 さっそく蚊を入れないようにテントを張り、すばやく荷物を中に入れる。 トイレで歯を磨いて、おしっこ。 タオルをすすぐ。 すばやくテントに入り、汗でぬれたシャツを脱ぎ外に出す。 タオルで体を拭きさっぱり(一匹、何か虫が入ったか?)。 案の定、網戸の前には蚊がブンブン。 蚊取り線香あった方が良かったか、それとも中に入れなければいいか。 テント張る前に明治のトンネルも写真撮った。

 そろそろ暗くなり(日記を書くのも)限界か。 19:02。 LEDランプを忘れたのは残念。 (スマホとカメラの液晶しか灯りが無い)
 


第7日目 8月15日(木)宇津ノ谷峠〜島田 19.3km
 
 夜中、3組の人が来た。 11:00頃トンネルの向こうから二人組のおじさん。 3:30頃、クルマで肝試しっぽい男3人くらい。 さらに20分くらいして4〜5人の男女がやはり肝試し。 寝つけず、恐らく0:00近くに寝て3:30に目が覚めた感じ。 やはり、眠りと覚醒の間でうとうとしていたよう。 うとうとしようとしたが、4:30活動開始。 トイレでおしっこ。 かなりきれいなトイレなのに、トイペいたずらされていて残念。 5:25出発。

 明治のトンネルを抜け「大旅籠柏屋」まで来た。 早朝のため閉まっている。 横のベンチで一休み。 昨日買った「トップバリューライトミールブロック ブルーベリーヨーグルト味」一包み喰う。 すぐ隣も「岡部宿公園」がありきれい。 ここでテントも良いかも。

 「内谷I.C北」交差点のファミマ横にコインランドリーあった!!でも、朝早いので洗濯はパス(6:46)

(この間、ブロックもう一包み喰う)

 藤枝市内を島田市に向けて歩く。 8:16池のある公園、きれいでいい公園。 水浴びする。

 先の公園から藤枝市内、国道沿いの単調な道、つまんない。 堀さんから来る。

 やっとあったコンビニサークルKは道の反対側(4.2km歩いたよ!!) おにぎり1パック(240円)、水(75円 styleone天然水500ml)を買う。 店内にカウンターがあって、クーラーの中座れ、おにぎりも喰えた。 良かった!! 店の外は道路の反対側のため日影がなかったのだ!! トイレも借りておしっこした。 (割り箸もゲット!! 梅干し用)

 しまった、ふと気づいて左に折れた先に松並木。 いいじゃねーか、やっぱ旧道。(藤枝)

 ふーっ、全国の他の地域よりは猛暑ではないというが暑い気がする。 やはり昨日の疲れか? セブンイレブンでかき氷喰う(120円 六合駅近く 島田市道悦)。 麦茶も買う(95円)。トイレも借りてうんこ。 ちょっと下痢気味便。

 島田駅到着。 駅前で正午。 終戦記念日で黙祷。

 洗濯、または食事のできるところをさがすが、ここも何もない町。 12:30頃、まずは大井神社行ってみる。 まず参拝(10円)。

 Kさんにお会いした。 TさんとはJCか何かの旅で2週間ほど一緒だったとのこと。 浅間神社は山を鎮めるように、大井神社は川を鎮める神社。 大井川は昔は流域が広く、山を下りてきた一帯はすべて大井川だった。 その中で、大きな中州に田んぼを作ったのが「島田」。 他に「中州」「上洲」などの地名がある。

(メモ)
・神様といる、神様を感じる。
・何か大きな力(ちから 神)が旅をさせている。 その大きな力が低級なものなどからは守っている(トンネル峠の件。 峠では昔、追剥ぎや盗賊などがいて、切られた人のが残っていたというが、、)。
・次の峠は向かいの寺の坊さんも大変な目にあったと言うから夜はやめた方がいい。
・旅では毎日生まれ変わっている。 新鮮な毎日に感謝。心が神様とともにいる。

 島田駅近くの創業80年のそば屋で牛たん丼&そばセット(850円)を食べて、ホテルにチェックインすると、支払は大井神社でして下さるとのこと。 Kさんにはрノて失礼だが御礼申し上げる。 T先輩にもすぐに報告。 LPPから仕事の連絡もメールあったのでрキる。
 ホテルではまずすべての洗濯ものをランドリーに放り込む(着ているものもすべて入れて部屋着になる)。 今夜は1週間ぶりの布団だ。

 昨日の件(トンネル峠)、お話したときKさんは少し心配そうにお聞きになられていた。 そして、次の峠のことをお話になり、夜は危険だということを仰られた。 今日の風呂、宿泊のことなどを相談させていただき、次の宿場、金谷で今日は泊り、次の峠は朝からにしようと思い、金谷のことを聞き、調べていただいたが、島田でよければいつも神社に参拝に来られる方のホテルがあると言っていただいた。 本当は少しでも先に進もうと思っていたが、今日はゆっくりしようという気になり「大井川の川止にでもあったと思って島田に泊ります」と言い、そのホテルを紹介してもらうことにした。 するとホテルにрして予約して下さったのだ。 そして上記のようにお世話になることになったのだが、すべて洗濯もでき、風呂にも入り、フロントで消毒液や針、バンソコもいただき、足のマメの治療が出来、明日以降に備えることが出来た。 ちょうど旅に出て1週間。 疲れもたまっていただろう。 ここで無理をして峠につきすすむことをしないで、きちんと体制を整え直せたのは非常に良かったことと思う。 Kさんにお会いしていなければ、それらを見失って先に進んでいたかもしれない。 そうしたときにKさんがご心配されるようなことがあるのかもしれない。 本当に出会いはありがたい。 仰っていただいたように、何か大きなものに護られたのかもしれない。 感謝します。

 ピーチネクター飲んだ(350ml ホテル自販機 120円?)。 洗濯の両替のため1F食堂で買った。 大浴場は一番乗りだった。 ゆっくりと湯につかり、体を洗う。 67.7kg(入浴前)→67.5kg(入浴後) なぜか体重が変わらない(戻った!!)。そういえばさっき飯を喰ったばかりだからかな? 風呂上がりにはサービスのかき氷を作って喰う。 そしてフロントでバンソコ・針などを借りマメの手当て。 洗濯は300円、感想は30分100円で200円(洗剤不要だが自分のも入れた)。 野村さんからもрり。 堀さんにпB
   
「明治のトンネル」脇でテント

  
トンネルの中と出口付近 そんなに長くは無い


大旅籠柏屋 柏餅が名物と書いてある?

  
「小野小町 姿見の橋」 あやかろうと僕も姿見を
しかし、その橋の由来は、、、

  
日本橋から200km


島田駅前 到着は15日正午 終戦記念日


大井神社を訪ねる


大井川を鎮める神社だそうだ

   


島田もあまり店が無い

JR島田駅


一週間ぶりのくつろぎで体制を整える



第8日目 8月16日(金)島田〜袋井 31.3km
 

念入り、かつシンプルにテーピング
  
お世話になった「ホテル123」

川越人足の待機所「番宿」(ばんやど)

川役人が業務を行う「川会所」(かわかいしょ)

「連台」 に乗って川越人足が担ぐ

越すに越されぬ大井川 高い!怖い!
  
すべらず地蔵さまに安全祈願
  
まさに杖にすがりながらの急坂

一面の茶畑 陽射しに焼かれ、茶の香が風に乗って来る

「子育飴」 峠の茶屋はまだ開いていない (8:32)

「子育飴」「夜泣石」など 峠・難所には様々な伝説が残る

旧道は高速道路と交差
  
掛川城 大河ドラマ「功名が辻」の山内一豊の城

田んぼの中を新幹線が走る
  
  どこまでも続く道    袋井の駅 小さな駅だ

東海道五拾参次、二十七番目の宿

金の豚なる店、浜松ギョーザ、、うむむ

袋井宿公園 テントに最適! 各宿に求む!
   
 4:00、アラームで起床。 すっかり体の疲れもとれてとはさすがにいかないが、ぐっすり眠れた。 2:30頃、一度目が覚めたがぐっすり。 ありがとうございます。 念入り、かつシンプルにテーピング(予防含む)して身支度。 5:00部屋を出る。 ありがとうございました。

 ホテルを出る、最後に水(110円 南アルプス)を買ってホテルを出る。 うまい!!朝の冷たい水!! 足もちゃんと治療したおかげでずいぶん楽。

 川の渡しの所で水撒きをしていた親切なご夫婦に、(見学)施設を開けてもらい見学できた。 ありがとうございます。
(「川会所」のスタンプ→)

 恐れていた大井川、さすがにでかい。 橋長い!! 歌を歌いながら(主に甲子園、運動会の曲)なんとか制覇。 金谷を過ぎ、石畳へ。 これがまた坂がきつい。 「すべらず地蔵」さんにお参り(10円)。

 菊川の里へ下ると、ほのぼのして静か。 若い女の子も挨拶してくれる。 そこから登り、ちょーきつい。 杖が置いてある。 登りきると一面茶畑。 ここで働いている方大変だろうな。 ほんとうに昨日、ここまで来ないで良かった。 ほんとうに感謝です。 ありがとうございます。 坂の途中、ちょっと一休み。 セミの声、風の音、鳥の声、みんな周りにいる。

※宮司さんはわざと言ったのではないか。 次の峠には悪い霊が二つくらいいると脅かすことで、行きすぎを思いとどまらせ、慎重にさせてくれたのでは。 昔のきつい坂、峠には色々な言い伝えがあるが、そんなところから出てきたものもあるのでは。

 大井川を渡ってから旧道。 コンビニなどは無く、金谷の駅を過ぎてからはずっと自販機も無い。 菊川の里にも無く、そのまま中山の峠に突入していた訳だ。 (途中の茶屋も朝は休み)

 峠の上でも茶店は休み。 トイレの水道で何とか頭を流し、水道の水を飲む(大丈夫か?)。 峠の看板を見ると、「箱根に並び称される難所の小夜の中山峠」と書いてある。 早く言ってくれ!! ほんと昨日突入しなくてよかった!!

 まわりは茶畑で匂いが気持ちの良い風にのってやって来る。 遠くの下の方の里では、広報のスピーカーが「35℃以上」などと注意を促している。 まだここは涼しい、風もあって。 峠を下りたらきついかな?

 峠のちょっと先に自販機が登場した!!(あー、トイレの水なんか飲むんじゃなかった!!)130円でダイドースポーツドリンク500mlを買う。 「おはようございます。今日も暑いですね」と自販機がしゃべった!! 「気をつけて行ってらっしゃい」と取り出した後もしゃべった!!

 気にしすぎか、心配通りか、なんとなくハラが差し込んできた気がする。 しかし、坂道の下りはヒザに来るといけないので、小幅にきゅっきゅっと下る。 すると、ちょうどケツのコーモンを中心に閉めるように力を入れることになるので、多少の差し込みが来ても大丈夫だろうとタカをくくって歩く。
 しかし、金谷から菊川、小夜の山中峠、日坂間はめちゃめちゃ坂が急できつい。 旧道なので強烈さはそのままだ。 ホント昔の人は大変だ。

 日坂の宿場町まで来る。 こじんまりとしてあまり店もない。 しかし、トイレがとてもきれい。 多目的用のトイレもあり、なんとウォシュレット。 ちょっと心配な下痢ピーの素も出しときたかったので、うんこすることにして、ズボンとパンツをおろす。 「おーっ!!」なんとうんこモレてるでないか!! 自覚は無かったが、グレーのパンツに黄色いしみ!! ウォシュレットで良かった〜!! うんこを出し、ケツもきれいに洗ってパンツをはきかえた。 (パンツは替えないで)そのままでも良さそうだったが、「万全の体制で歩くべし」のルールに則った。 脱いだパンツはビニール袋に入れたが、、、捨てるかな。 さらに万全のため、水(110円)ダイドー富士山天然水500mlを買い(自販機、またしゃべった。今度はおはようは無し)、正露丸を3粒飲んだ。

 掛川までまだ少しあるが、朝飯喰ってないので、サークルKでおにぎりセット(298円)と麦茶(98円)買う。 店の前は日向なので、少し歩いて、休日の工場の駐車場みたいな木陰で喰う。 梅干し1個も喰う。 (サークルKにパンツ捨てた、、)

 ようやく掛川。 一度駅に行きかけたが、ここも何もなさそうな町。 そこで城へ行く。 さっと城内をのぞいた後、橋のたもとでダイドースポーツドリンク(130円)、自販機またしゃべる。 こんどは「こんにちは、午後も頑張って!」だって。 足湯もあるが、テーピングなどしているので入らない。
 向かいには「掛川天然温泉足湯カフェ」など、公衆トイレはまたもウォシュレットで助かる(無理やりうんこ、あまり出ず)。 なんと手洗いのところにコンセントが!! ちょうど携帯5%なので、そこで充電して、トイレの前のベンチでねばることに。13:39〜
 売店で掛川茶ペットボトル(150円)買う。 なぜかショパンとかピアノがBGMで流れている。 水の噴霧クーラーもある。 まったり、ポヤ〜っと、充電と涼しくなるのを待つ。 正露丸3粒飲んでおく。
 右腕より、左腕の方が焼けている。 西に向かって歩いているから、右は北側、左は南側だからだな。 (おしっこする、ちょろっと) 今、14:40くらい。 15:00に出るか。 ちょっと影って来たから、やはりもう出るか!! 充電78%くらい、ありがとう!!

 (自販機、ダイドー富士山天然水500ml 110円、またしゃべった!!)

 掛川から袋井へ。 田んぼが増えてきた。 穂が付き始めている。早いモノは実も入っている。 西へ向かうは秋へ向かうと同じか?(暑いは暑いんだけどね) でも、一面の田んぼの向こうに新幹線が走る。 風も心地よい。

 愛野駅まで来た。 ちょっとベンチに座ってから、駅前のサークルKでおにぎり(110円 おかか)と水(78円)を買い、食べながら歩く。 線路沿いに袋井方面へ。 途中、「親水公園」という広い広場があり(途中、ダイドー天然水500ml 100円買う)、さすがジュピロ磐田とか近い、サッカーが盛んらしく、芝生の3面くらい撮れる大きなサッカー広場もある。ちょっと一服。
 右足、中指の付け根がちょっと痛かったのでチェック。 しかし、とくに何もなく、指に巻いていたテーピングがよれて、丸まっていたのがあたっていたみたい(ホッ!!)。

 袋井駅まで来た。 17:30くらいか。 磐田までは8kmあるようなので、今日はここで泊りだ。 風呂などは無さそうなので、キャンプを。 
 駅から北の方へ行くと、旧東海道、おーっ!!、そこには袋井宿公園がキャンプにはおあつらえ向きの芝生敷き。 しかも目隠し(になる壁)、トイレ(和式だが紙あり)、水道がそろっている!! 他にも川沿いのお寺の横にもキャンプ出来そうな公園あり。 新道まで来ると、「なか卯」や「ステーキガスト」などある。 「金の豚」に入り、「浜松ギョーザ・レバニラのセット」(600円+44円)を奮発する。

 東海道など、街道の宿場町では、公園にバイクや徒歩の旅人がテントを張れるように整備したらいいのに。 ただし、火気厳禁で、近所の食堂や風呂屋を使うことを条件にするなど。

 浜松ギョーザ、う〜ん!?おいしいのかな!?なんか、べっとりしてよく味がわからない。 袋井は東海道まん中の宿場だ。 いよいよ半分来たのだ。

 飯の後、さっきの公園まで戻る。 この公園は駅の方から来て橋を渡った所にあるが、橋の反対側には警察派出所がある。 ちょっと安心かな(でも注意とかされるかな)。 歯を磨き、テントを張り、水道で頭を流し、濡れタオルで体を拭く。 汗でぬれた下着やズボンを乾いたものに替え寝る。



第9日目 8月17日(土)袋井〜浜名湖弁天島 34.5km
 
 
 いつも寝つきは悪いが、一昨日のホテルはすぐぐっすりだった。
昨夜もちょっと逡巡したが、やがて寝る。 あまり人は来なかったように思うが、一組、若者(高校生くらいか)が、友達と待ち合わせたくらい。 目の前の道路も、やがてクルマ通りも少なくなり、23:30頃一度目が覚めたが、あとは何度か寝がえりのため目が覚めたくらい。
 4:00アラーム起床。 身支度片づけ。 トイレは質素だが掃除が行き届いていて、クモの巣もなくきれいで好感が持てる。 うんこする(その前に起きてすぐにおしっこも)、軟便。 良い公園だった。 ありがたいです。 4:50過ぎ、だいぶ明るくなってきた。 出発するか!!(だいぶ涼しい、朝露で少し芝やベンチが濡れている)。

 少し歩き、宿場町を出たところで朝の水を買う(ダイドーミウ110円)。 今日の自販機はしゃべらない。 早朝でうるさいからかな? 「中袋井宿」はおもてなしの心だそうだ(春興五十三駄之内 袋井 北斎)。 ほどなくして左かかとのマメが痛むようなので、早めにテーピング補強!!

 一気に5.19km歩いた。 コンビニなども無いので、東大久保運動公園の向かいのレッドバロン磐田の日影で休憩。 次にコンビニがあったら朝飯でも喰おう。

 見附宿まで来たがコンビニなど無い、、、と思っていたらマックスバリューがあり、7:00から開くと言う。 今、6:57分、待つでしょ!!
 7:00開店、2番目に入店する。ならべている最中のおにぎりは98円!! 明太子(98円)、焼鮭(98円)、ペットボトルほうじ茶(78円)、缶のお茶350ml、なんと(29円)!! 又、店内(裏口の方)にはテーブルもあり、そこでいただくことに。(合計303円)!! 7:10、トイレもあってgood!!、おしっこした。 ありがとうございます!! 

 おにぎり2個喰ったからかな、太田胃散飲む。 家具上野屋の看板の日影で。 もうすぐ天竜川だ!!

 天竜川渡った!!浜松市に入った。 最初旧道を歩いていたら、なんと橋に歩道が無い、マイガッ!! まさか車道の横をビビリながら歩くのか!! ゼッテーちびる!! と思って橋のたもとまで来ると、右に並んでかかるバイパスの橋に向かって歩道が伸びていて、バイパス橋には歩道が併設されている。 行ってみると、しかも幅が広い!!助かる!! やはりビビりながらも車道寄りの右端にずっとひっついて渡る。 すると橋も終盤のところで「日本橋から250km」の表示が!!半分まで来た実感がさらに増す。 無事渡るとそこは浜松市東区だ。 橋のたもとのベンチでこれを記す。

 天竜川町児童遊園地という公園で一休み。 朝露で濡れたテントも乾かす。 日陰のベンチのすぐ後の木には今朝羽化したばかりと思われるセミが低いところに3匹とまっている。 驚かさないように(俺が!?)そっと荷物を置き座る。 自販機でポッカサッポロの「富士山麓のおいしい天然水530ml(110円)」を買う。
 公園横のアパート駐車場でもテントの整備をしている人がいる。 ついでに汗で濡れている昨日の洗濯物も干しちゃえ(ちった軽くなるかな)。
 隣の家の人としゃべる。 いい趣味ですねって、俺もワンコ連れてリヤカー引いて行きたいって!!10:20出発。 季節には年寄り2〜30人でぞろぞろ行くよだって、駅までね。 ここでキャンプしても良かったのにと仰ってくれるが、ワンちゃん(1Fと2Fのベランダにいる)、2Fのがよく吠えるのよ。 近くにはコインランドリーもあるけどね。 ありがとうございます。 行ってきます!! タオルも水道で濡らしてきた!!

 ケータイ電池ヤバイ!! コンビ二で見ると単3、4本で450円くらいする、、、。 よーやく浜松に着く。 都会や!!首尾よく駅にビックカメラある。 なんと単3、4本セット70円!! さっそく70円×4=280円買う。 残り1%、助かった!!
 大ちゃんからメール来た。 今、浜松着きました!! 11:30くらいに着いている、よいペースだ!! 浜松はきれいな街だな〜。

 B/Kに寄って、昼食どころを探す。 あまりStから遠くならないように歩き、写真の店を見つけた。 さしみ定食700円、小鉢や茶碗蒸し、冷たいお茶飲み放題でgood!! 何人かいるおじちゃん店員さんも好い人ばっか。 隣のお客さん(イトーさん、警備員さん)の声かけてくれた。

 昨日は掛川で城見ながら(休憩)だったが、今日は浜松の遠鉄のソラモというスペースで、丸テーブルでベンチに腰掛けて、うっぷしてうたた寝したり、何するでもなく休む。 ただただ、日の勢いが弱くなるのを待つ。 スマホでネット調べると、浜名湖にキャンプ場があるらしい。 一泊400円、рオて予約してみた(キャンセルは無料だそう)。 舞坂まで行って、キャンプできるところが無ければ、そこで安心してテントを張ろう(しかし有料だが)。 200円で5分シャワーも浴びれるそうだ。 旅でなければ自炊など、BBQも出来るようす。 クルマごと泊まれるスペースもあるそうだ(AC電源も使える一画もあるらしい。 3,500円くらいかかるそうだが)。

 ソラモは日が当たってきたので、地下のサブウェイに行く。 外にテーブルがあったからだ。 しかし250円でオレンジジュースを買ってから、店内に座ればよいと思い、クーラーの効いた中に座ることにした。 しまった!!これなら駅ビルのマックのほうが安上がりでたくさん飲めたり、マックシェイクがあったりしたのでは、、、浅はか、、、でもオレンジジュースうまい(いつも水ばかりだからな〜、普段ならそんなに旨いと思わんだろう)。

 今日は弁天島まで行き、無料の公園でよければそっちに泊まろう。 (う〜ん、ウォシュレットでケツは洗いたい!)
 こうして店から外を見ていると、東京と変わらんな〜。 でも、やっぱり人は少ないかな。 ウェザーニュースを見ると、静岡県は涼しいほうなのか。 愛知県は大変そう!!(名古屋、豊田だけか)。 15:30浜松出発(央とрキる)。

 歩き出すと、やはりウォシュレットで拭いてねーケツがひりひりする!! 早目の手当(何と言おうと早目の手当、これ重要!!)ということで、歩道の隅で、ティッシュにメンソレタームを付けて、パンツに手を入れて、ケツに塗る。 気持ち〜!!どうやら作務衣やパンツの線維玉がケツに貼り付いているらしい!?

 1時間で4.6kmほど歩き、マムフードマーケットというスーパーまで来た。 もろに西日に向かって歩くのできついが、まま風もある。
 ときどき生えている松がまっすぐにこちらに影を降ろしてくれて助かる。自販機でダイドースピードアスリート500ml(120円)を買う。 「うちを選んでくれておおきに!」とか京都弁でしゃべった!? 「これからもごひいきにしとくれやす!」と言われても、、。 次の人が買ったときは普通に「いらっしゃいませ」だった!?(ちょっと得した!?)。

 坪井町北の交差点まで来た。 4.26km歩いた。 島田で休ませてもらってからペースが上がったようだ。 交差点の角にサーフボード屋があり、チェリオの自販機があった。 みんな100円で、チェリオらしい変わった品揃え。 そこで「日本のサイダー500ml (100円)」を買う。 炭酸うまい。 はじめてこの旅で買った炭酸かな? 暑い盛りはよくない気がしたけど、夕方涼しくなってからはうまい。

 舞坂の松並木を過ぎ、弁天島まで来た。 浜名湖の夕陽には間に合わず、日は暮れていた。 ここまでコンビニなど店は無く、夕飯を済ませてないので、一つ目の島のサークルK(唯一のコンビニ)でおにぎり(おかか110円、こんぶ105円)と水(78円)を買う。
 弁天島の橋は公園のように作ってあって、怖くなくてよい!! 月が見える。 自由公園というところ(入口が二つ目の橋を渡ってすぐに右に折れないと、JR・新幹線の線路にはばまれ、入れなくなるので注意!!)まで来ると、おーっ!、そこはテント張り放題。 キャンプ場にはキャンセルのр入れる。 すぐ隣の港みたいなところでは、夜釣りや花火をする人がいるが静か。 そこでおにぎり喰う。 テントを張り、歯を磨いて寝る。おしっこもした。 21:00頃か。
   
夜明け前

  
 磐田市へ          朝日が昇る


歌舞伎『白波五人男』のモデルにもなった大盗賊
日本左衛門が処刑された遠州鈴ヶ森


マックスバリューで朝食を!

  
天竜川 幅の広い歩道橋で助かる! 250km来た!


天竜川町児童遊園地から今渡った橋を振り返る


浜松 高層ビルもそびえるきれいな街だった




昼食を食べた「喜久盛」 いい店だった!


遠鉄のソラモ 屋根がある


サブウェイから 行きかう人を見る


歩道の隅で早めの手当て、、、

  
   松の影に助けられる   チェリオ「日本のサイダー」


弁天島 夕暮れには間に合わず


月が照らす浜名湖


夜空 夜景が美しい
 


第10日目 8月18日(日)浜名湖弁天島〜豊橋 29.0km
 

夜明け前 オリオン座が見える(わかるかな?)


テントに最高 芝生の公園!


弁天島の日の出


浜名湖バイパスを望む


新居の関所跡

  
  紅葉寺跡の松      潮見坂 海が見える

  
愛知県来たー! 暑い〜!!


二川宿の旅籠


二川宿の本陣


豊橋の市電


H先輩 ご馳走になりました!
(本人希望によりイニシャル表示!)


豊橋の老舗焼き鳥屋「鳥善」
   
 23:30、一度目が覚め、その後2度くらい目覚めるも眠れる。 4時起床。 トイレもあるが夜中は電気が消えるので注意(すぐトイレ行っといてよかった)。 水道もあるが飲料にはどうかな?

 朝、テントを片付け歯を磨き、港でこれを書いて出発。 5:00過ぎ。 ほんと芝生も広くテントには良い。 しかし、すぐ横を新幹線が走るので、終電まではちょっとうるさい。

 (浜名湖の)橋を渡りきって、ちょっと行った大橋屋という大き目の釣具屋の前で水購入(サントリー天然水南アルプス550ml 110円)。 やばい、二日風呂に入ってないから、朝の時点ですでに臭いのがわかる!! う〜っ、しかし冷たい水は身体に沁みる〜!!

 途中、旧道に入って小さな港みたいなとこを過ぎた公園で、水道があったので頭を流す。 う〜ん、汗くさい!!

 紅葉寺跡の前の松の木の下で休憩。 田んぼが実って案山子がいる。 早蒔きの田かな。

 白須加の宿場までもう少しの所の自販機で、ダイドースピードアスリート500ml(130円)買う。 又しゃべった!!(自販機)。 山の向こうに風力発電らしき羽根が見える!!回っている(ちょーゆっくり!!)。

 坂の下まで来た。 これからしばらく登り(そんなきついものでは無さそうだが)。 それにしても店やコンビニがずっと無いんですけど!!この先も無さそう!!

 潮見坂(きついがそんなに長くない)を登りきると(途中海が見えた)、あとはなだらかな下りがずっと続く。 セミの声しか聞こえないような静かな街道筋の町並みを行く。 静かだが空き家もちょこちょこある。 休めるとこもなかなか無く、だいぶ坂を下りきって来たところの庚申堂さまで休ませてもらう。 ふ〜っ、一息。

 白須加の宿場の境を出て、まもなく国道に合流する。 その前に「愛知県」来た〜!! 豊橋市です。 国道沿いはきついが、すぐにサークルKあり、朝飯にする。 オカカ(105円)、コンブ(110円)、麦茶(78円)ですます。 これから二川まで国道沿いだがきついな〜。 でもコンビニとかまたあるかも!! 梅干2個喰う。 ここにはコインランドリーもある。 洗濯には早いので、タオルだけすすがせてもらう。では行きますか!! 11:00

 しばらくして自販機でサントリー天然水南アルプス550ml(110円)補充!! やっぱ炎天下の冷めてー水はうめー!!

 炎天下あちー!! 佐藤商店という産直のメロンの絵が描いてある倉庫みたいな所の日陰で休憩。 まだ2.25km。 ちょっとうとうとする。

 二川宿まで来た。 ここも宿場として落ち着いているな〜。 おそろいの暖簾をかけたりして。 本陣を前に「まちなか公園」(水道なし)で一休み。 「日の出軒」という和菓子屋があって、お休み処となっている。 しかし、外の日陰で風に当ったほうがよいし、金もかからないので、そこの自販機で「サントリー天然水南アルプス550ml (110円)」を買う。 冷めてー!うまい! 汗ばんだシャツの中にもたらり!!冷べてー、気持ちー!! 二日テントでウォシュレットも無しだが、浜松での「ケツメンターム」が効いているようで、ケツの穴もひりひりしたりしない!!

 本陣を外からだけちょっと見て二川駅へ。 トイレでおしっこして、タオルを濡らして(トイレの中に蚊がいる!!)、いざ豊橋へ。 さっきの公園でрオてジェントリーホテルに予約済、ランドリーも1台あるらしい(H先輩おすすめの宿だ)。 ネットでは満室だったがでOK、しかし5,300円。 駅前で明治ザバススポーツウォーター500ml(120円 あんまり見たことねー)を買い出発。 ホテルを決めるにあたり、もっと安いとこをと思ったが、今回学んだこと「おすすめには従え!!」を活かしてよい選択ができたと思う。 ありがたいです!! 15:00からチェックインできるそうで、昼間の強行軍をすることにした。 濡れタオルとスポドリで万全の体制。 しかし夏マンキツで気持ちいい!!(目的が決まっていると頑張れる!!)。

 豊橋に入ってから急に喫茶店が増えた。 こんなとこにも!!みたいなとこにもある。 恐るべし名古屋圏か!?

 豊橋にあと3kmくらいでサークルKでおにぎり(シーチキン105円)と水(78円)を買って歩きながら喰う。 サークルK、水安いわ!!
ちょっと先の日陰で休憩。 H先輩にメール送る。 水野君にрオた。

 ホテル着。 豊橋には市電が走っているんだ。 ちょっとだけ写真撮れた。 ホテル前で身支度を整え(怪しまれないように)チェックイン。 カードで5,300円、部屋に入りさっそく洗濯。 コインランドリーは1台しか無い。 すぐに行く!! 1回200円、洗剤も置いてあったが自分のと両方入れる。 洗濯の極意!部屋に入ったら今着ているものもすべて脱ぎ、フルチンで部屋着を着る。 そしてすべての洗濯物を一気に洗濯。 ホテルだからできる方法だ!! 
 洗濯の間、二日ぶりの風呂。 先に足とケツを洗ってから湯をためて浸かる。 部屋の狭い風呂だが、そこはやはり二日ぶり、気持ちいい、さっぱり!! 
 風呂からあがって洗濯物を取りに行くと、野球のユニホームを着た青年がいた。 中体連の全国大会に来ているそうだ。 みんなの洗濯物を持っている。 「大変だね」と言うと「3回くらい回します」という!! よかった!! すぐに洗濯しといて!! やっぱり本当だ!! 早目の行動、できることはすぐにやる!! 大切!! ありがとうございます。 洗濯物を乾燥機に入れる。 40分100円、迷ったが80分200円を入れた。
 部屋に戻る途中、水を買う(120円 アサヒ富士山のバナジウム天然水530ml)。 部屋でお茶も沸かす。 そういえば富士山見てないな、今回の旅で。 しかし、富士山が見えるということは、よりお天気ということだから、意外にそれで良かったのかもしれない。 ありがとうございます。
 TVでは甲子園、富山が出ている。 やはりホテルは安心するな。 (テントと)どっちもいいもんだな。 (乾燥機追加、100円) 念のため「ケツメンターム」もしておいた。



第11日目 8月19日(月)豊橋〜岡崎 34.9km
 
 昨日はH先輩にご馳走になった(焼き鳥屋さん、50年の老舗)。 夜は22:50就寝。 例により3回くらい目が覚めたが良く眠れた。 今日は遅めに5時起床し、準備。 太田胃散飲む。 うんこはちょっと。 おしっこして歯を磨く。 昨日はタクシーでホテルまで先輩が迎えにきてくれたが、出る前にもおしっこ(昨日宿に着いたときもしたかな?)。

 5:45出発。 ホテルを出てホテルの写真を撮ろうとしたらレンズが曇った。 湿度が高いのかな?風はまだ涼し。
 足のマメ、昨日はバンソコを貼らずに寝たのがよかった。 皮に穴をあけた。 ブヨブヨになってたのが乾いて張り付いてきた。 正解だったかな!?

 豊川を渡り旧道に移り、しばらく歩いて二つ目の川にさしかかった(手前に魚市場があった)。 なんと!!この旧道の橋、歩道ないやんけ!!しかも欄干低い!! 上手を見ると新しい道の方には歩道がありそう。 大回りだが安全のため(度胸がないだけ!?)、そちらに行く。 しかーし!! こっちも歩道はあるが欄干が低くて幅も狭い!! ちょービビリながらへっぴり腰で歩く。 今うしろから人が来ても絶対無視するしかない!! そしたら橋の途中に299.9kmのポストが!! もしやと思いなんとか渡りきると(橋自体はそんなに長くなかった)、目の前に300kmポストが!! ラッキー!! こっちの橋に移らなかったら写真撮れなんだ!! ありがとう!!

 それからまた旧道に戻りちょっと行くとサークルKが。 ちょうどスタートからぴったし5km歩いたので朝食にすることに。 おにぎり(105円 おかか)と麦茶(98円)買う(ちょっと水はあきたかな!? 78円は魅力だけど)。 7:00。

 おーっ、おにぎり喰ったあと道を間違えて大回りしてまった!! 1.7kmくらいかな。 でも名鉄とかの写真撮れた。 ちょっと今、座って太田胃散飲む。 8:01。

 国府町の薬師如来様のところまで来た。 10円のお賽銭でお参りをして休ませてもらう。 途中グリーンダカラ(140円)を自販機で買って飲みながら来た。 うまかったのでほぼ一気に飲んでまった。 元気が出て国道と合流した区間もパワーで歩けた。 風が気持ちよい。 座って休めるところが無いとき。 こういったお堂や神社があると助かる。 ありがたい。
 休んでいたらおばちゃんが来て、水道を開けて手ぬぐいをゆすがせてくれた。 ありがとうございます!! お手洗いもあるよと教えてくれた!! おしっこさせてもらった。 きれいなトイレ。 ウォシュレットではないが洋式もあった。

 ヤバイ、手の甲にシミが出来てきた!! 手甲を忘れてきちゃったのはやはり残念!!

 左足、薬指に違和感があったので、すぐにテーピング補強。 先のほうが貼れてなかった。 御油郵便局のところで。 (川で泳いでいる人がいた!!)

 御油の松並木の横の公園、テントスポットかも!!
 街道で一番きれいな松並木かも!!だけどクルマががんがん突っ込んで来るので注意!! (何でそんなに飛ばすの!? おばちゃんまで!?)。

 赤坂宿、休憩所「ご自由にお入り下さい」と鍵がかかっている。 10:25だが、早すぎなのかな? 本当の旅人ならもっと早く開いてて欲しいなー!! でもトイレもあってよい。 自販機も欲しいかな!?

 赤坂公園の先、自販機ダイドースポーツアスリート500ml(110円)。 冷めてー、うめー。

 音羽中学のイチョウの日陰で一休み。 野球部、テニス部、部活がんばっている。

 誓林寺近くでクリスタルガイザー500ml(100円)。

 高速道路脇の道を通ったりして、岡崎市本宿の法蔵寺まで来る。 門前の木陰で一休み。 梅干一粒喰う。 釜谷君からメール。 家康ゆかりのお寺さんらしい。 岡崎だなー。 足は疲れたが風が心地よい。 サントリー天然水南アルプス550ml(110円)買う。

 ほどなくサークルKがあり、おにぎりシーチキンマヨ(105円)買う。 おじさんに話しかけられる(タバコを二つ買ってた人)、気をつけてね、ありがとうございます。 (央からпB鳴海への到着は?) 国道へ合流、おにぎり歩きながら喰う。

 藤川宿来たー。 入口のクランク(曲り)通りそこねたー!! すっごい真っ直ぐの宿場道。 公園もあるが自販機ないよー。 あまり町にも見かけない。 稱名寺の石柱が立っているところまで来て自販機ありました!! ダイドースピードアスリート500ml(130円)購入。 休憩。 14:00

 グリーンダカラ500ml(140円)自販機 15:49
    
   ジェントリーホテル   すぐ近くが吉田宿本陣跡

 
豊川の豊橋を渡る


魚市場 豊橋は竹輪も有名(ヤマサ竹輪とか!)


300km来たー!!

  
    伊奈 一里塚        国府 薬師如来


猛暑! 川で泳ぐ人も

  
御油の松並木


赤坂宿 旅籠「大橋屋」 1649年創業、1705年築

  
赤い名鉄電車        大平一里塚

  
 岡崎城来たー!       日も暮れたー!



第12日目 8月20日(火)岡崎〜熱田 32.6km
 
  
オリオン座がまた見えた  川沿いの草原のような所

月夜の鉄橋を電車が走り抜ける

街中からそんなに離れていないが 幻想的な場所

八丁味噌の「カクキュー」
  
新見南吉 半田市出身だが安城で教鞭を執っていたことも
  


知立松並木
  
このような小さな道しるべが助かる(右)

「有松しぼり」という絞り染めが有名

金山のカプホに投宿 ビルの中にある

  
うまき            肝焼き

ひつまぶし!!
  
  うざく(酢のもの)      店の前は行列!!

弟よ!! ごちそうさまでした!!
   
 昨日、岡崎へはけっこう疲れた。 途中、ビジホに泊まろうかとも思い、安いところへрキるが満室。 よし、と覚悟を決めて岡崎公園まで来たが「泊まり禁止」と注意事項の中に。

 どうしようかと、先に進むかと思い歩くと、小さな川沿いに公園が。 さらに先に行くと、中州のような広い草原が!! 景色もよく(夕方だが)、草もフワフワでキャンプに最高、ありがとうございます。

 到着前に100円ローソンで電池×3、テーピング×1、バンソコ、耳栓、購入。 公園から歩いておにぎり×2、麦茶2Lを買う。 耳栓はキャンプが線路の近くなので、こういうとき役立つ。 しかし、昨日は疲れもありぐっすり。 2〜3度目覚めたが、朝3:30頃起床。 3:50くらいから準備。
 川沿い公園でうんこ(わりと普通)、おしっこ、歯磨き。 昨夜の歯磨きはテント近くに水道が無いので、麦茶で歯磨きした。
 さぁ、5時だ、出発だ!! 5:00(トイレきれい、多目的トイレもあり便利。 ウォシュレット無し)

(途中、岡崎市の乾電池回収BOXが電器屋の前にあったので入れさせていただく)

 1時間ほど歩いて、すき家とかないかなーと思っていたらあった!! 道路の反対側に渡って入店。 「からあげ朝食」(280円)(ごはん、味噌汁、生卵、ひじき、からあげ小3個)、安い!! ぜひすき家を各街道筋に適宜配置すべきだ!! 空が真っ青になってきた。 日射しも強くなってきた。 今日も暑くなるかな!! 6:30、出発だ!!

 7:36、今本町皮膚科の前で小休止。 すでに足疲れてきた。 大田胃散飲む。

 8:00過ぎ、又ちょっと先、他人様のガレージの前の日陰で一休み。 つい、うとうとと。 おじさん出庫で「すいませんね」といい人。 ちょっとうとうとしたらすっきりした!!

 ローソン知立牛田店、サントリー天然水南アルプス500mlの炭酸水を買ってみる。 ごくごく飲めないが刺激がさわやか(105円)。 トイレも借りておしっこ。

 池鯉鮒に入ったところで自転車の兄ちゃんに声かけられる。 彼も東海道を旅している。 今度歩きたいと言うから、秋か春をおすすめした!! 近所のおじさんも声かけてくれた!! (昔はここらずっと松並木だったそうだ)。 やっぱり声掛してもらうと元気でるね!!

※なるほど!! 松だと曲がって生えたりするから、道のまっすぐ前や後から日が差しても、日影になるということか!! まっすぐ上に伸びる木では、横から日が差したときでないと影にならない!?

 5.3kmくらい歩いてローソン刈谷工業団地前店まで来た。 やはり国道沿いでトラックがビュンビュン走る横を歩くのはきつい。 森永練乳氷を買う(103円)。 冷たくて甘くておいしー!! やはり甘いものもたまにはいいな!!

 豊明駅まで来た。 駅前のTAC・MATEという店でポカリスェット900ml(168円)買う。 冷めてー、うめー!! しかし、何もない静かな駅。 なぜか駅前の信号が「カッコー、カッコー」と鳴く。

 名古屋に入り有松の駅まで来た。 イオンマックスバリューがあり(街道と反対側)、そこですがきや冷し坦坦麺(390円)を喰う。 トイレでおしっこ。 うんこ(少し)もする。 クーラーの中も逆につらい。


 有松すぎて、ミニストップで麦茶(88円)。

 自販機エビアン500ml(100円)!!  緑区浦里2丁目6。

 薬師通1。 メガネの愛眼(お休み)の日影で休憩。 16:07

 松田橋交差点、歩道橋おりたところで自販機。 グリーンダカラ500ml(130円)。 もう少しだ!!

 何とか熱田神宮の駅まで来た。 七里の渡しがあるところだ。 ここから名鉄で金山まで(160円)行き、カプセルイン!! (2,980円)、カードOK。 急いで洗濯、お風呂に入る。 (前67.7kg 後67.2kg)。 19:00に鳴海に電車で行き、央(弟)と会う!!

 割とレトロンなカプセルホテル(カプセルは普通だが、お風呂がちょっとレトロン。 洗い場はシャワーが無くて、細長い浴槽みたいな、流し素麺みたいなのが目の前にあり、そこから手桶で汲むのだ)。 洗濯200円、乾燥100円(15分のみ)、生乾きはカプセルの布団に並べておいた。

 19:00、鳴海で央と待ち合わせ。電車で向かう(290円)。 鳴海は仕事のエリアだそうで、そこの老舗のうなぎ屋「浅野屋」に行く。 19:15くらいだったがすでに閉店。 匂いだけかいで来た。 そこで蓬莱軒(熱田区)に行く。

 おーっ、なんと行列。 予約して20:20までクルマの中で写真などを見ながら過ごす。 店に入ると2階の座敷へ。 ひつまぶし、うまき、肝焼き、うざく、を頼み、麒麟麦酒で乾杯。 うめ〜!! ひつまぶしは3度の味を楽しめるが、どれもうまい〜!! 肝うまい〜!! ありがとう、ごちそうさまでした。

 青春18切符を買ってきてもらった(2,900円)。帰りはこれでゆっくり景色を眺めながら帰ろう。



第13日目 8月21日(水)熱田〜桑名・朝日町 33.6km
 
 カプセルに帰ってすぐに寝る。 22:00頃だと思うが、そく入眠。 目覚ましは5:00にしていたが、4:17くらいまで1回も目覚めず熟睡。
 4:50くらいから準備開始、よく寝れてありがたい。 6:00くらいに出発かな。
 朝トイレ、おしっこ、うんこ少し(軟らかめ)。
 金山から熱田まで電車で戻る(160円)。 テレビのある部屋にコンセントあった。 テーピングの間充電すればよかった!!

 熱田神宮から大きく歩道橋を渡ったところで朝の飲料、サバススポーツウォータ500ml(120円)、熱田区須賀町712。

 名四国道の道沿いに入る。 高速のような道だが、川を渡る橋には歩道があった。 塀も高くて怖くない!! 最初の橋を渡ったところで一休み。

 8:15、熱田から7.13kmのところで朝ごはん。 「街かど屋」という定食屋に(中京方面のチェーン店かな?)。
 「選べる朝定食(360円)」、ごはん、味噌汁、生卵、おしんこ、ミニ焼鯖、のり。 ご飯お代わり自由(食べすぎは注意!!)、冷たい麦茶も飲み放題!!
 先ほど二つ目の橋を渡ったが、今度は高くて(僕には!!)、スケルトンの壁でちょービビリ。 距離も長く狭かった!! トイレも借りておしっこ。 またうんこ(下痢ッピ少量)。

 三つ目の橋、庄内川。 びびり、渡ったら田んぼが見えてきた。

 ファミマ、霧島の水1L(158円)。

 複雑な歩道橋(びびり)。 そして日光川、また橋か、、。
 トラックビュンビュン走るし。 今日は「舟で七里」を陸で行くのだからしかたがないかな!!

 飛鳥村梅之郷中梅の交差点までやってきた。 覚悟はしていたが産業道路沿いの歩行はきついものがある。
 途中、気温表示が38℃になっていた(風と道路脇での緊張感からか、そんなに暑いとは感じなかったが、表示が37℃に下がった時は「あっ、やっぱ涼しくなった」と思ったくらいなのだが、、)。

 900mくらい歩いて「あっ、梅干食べよう!!」と思い、釣りえさ屋の自販機でダイドーミウ500ml(110円)を買い、隣の大洋海運の日影で休む。
 梅干一粒喰う。すっぱい!! 梅干を口に入れて、その後ミウを飲むと甘く感じる。 海洋深層水には甘い成分も入っているのか!?

 弥冨市三好のサークルKまで来た!! 暑いが何とか大丈夫だ!! サクレモンかき氷(103円)喰う。 別の店では130円ではなかったか? この店は店内に休憩スペースもあり助かる。 クーラーの中で氷を喰う。
 越山先輩よりメール。 返信する。 9/5蔵助の件。 しかし、名四国道、本当にトラックビュンビュンでもくもくと歩くしかない道だ!!

 木曽川の大きな橋を渡り、桑名市に入った。 これで橋は終わりかと思えば地図を見るともう一つある。 う〜ん。
 すぐ先に「オートレストラン長島」があり、味噌カツ(680円)を奮発した。 う〜ん、喰いすぎか!? しかし、約21km、がむしゃらに歩いたな〜。 名四国道恐るべし。
 ここは温泉(500円)などもあり、トラックがたくさん止まっている。 念のため正露丸3粒飲む。 急に冷えないように作務衣の上着を出して着る。 電池やばい、あとエネループしかない。

 二つ目の橋(揖斐川・長良川)を渡り、少し川を遡って「七里の渡し」の船着場へ。 途中「はまぐりセンター」で水(120円 550ml富士山?)を買う。 船着場まで行く。 はまぐり、しじみ(あさり?)の店目立つ。 船着場、きれいに整っている。 (OのTさん、Nさん、HのH君よりрり。 すべて解決。 クラークにもрオた)

 出発して、道を探しながら進む。 天武天皇社でお賽銭(10円)。 ノートとる。 このお宮さんには鈴(お参りの時に鳴らすやつ)がない!?

 火の見櫓(はしご)のところで、「マルエツ運輸」のスクーターの兄ちゃんが、わざわざ声をかけに来てくれた。 (トラックの運転手で、どっかで見かけた、変わった笠をかぶっていたから覚えていたから。 名古屋のほう歩いていましたよね)

 渡辺酒店自販機、CCレモン微炭酸500ml(150円)買ってみた。

 桑名船着場からもくもくと歩き、関西線朝日駅まで来た。 桑名までの激しい道とうって変わって静かな道だった。
 今日はこの先の川原あたりまでか(テント泊)。 無人駅だがトイレはあるので歯を磨いておこう。 (濡れタオルも準備)

 川(朝明川)まで来た。 割と小さな川で河川敷などという感じはない。 橋を渡って自販機もさがしつつウロウロしたが、やはり渡る前(朝日町)のちょっとした土手下にテント張る。

 案の定水道は無いので、歯磨き、濡れタオルは正解だったが、飲み物はうかつだった。 早めに自販機で買っとけばよかった。 無いとなると欲しくて、又ちょっと戻ってわざわざ買いに行った。 いろはす(120円)。 何でも早めに決断、手を打つべし。

 今日は月が大きい(というより丸くなってきた)。 橋の上にかかる月がすてき。 早めといえば電池もやばい!!
    
      昨夜の寝どこ   名鉄車内、乗り物に違和感!
  
熱田神宮 朝から陽射しが強い!

「街かど屋」

庄内川を渡り、河口方面を見る。 暑い!!

日光川を渡る、パノラマ撮影、暑い!!

飛鳥村へ 照返し、疾走する大型トラック、暑い!!
  
   9:53 38℃ 暑い!!   梅干しの種を残しつつ歩く  
    木曽川、橋長っ!!  桑名市(三重県)来たー!!

木曽三川の河口、広すぎ! パノラマ撮影活躍

みそかつ

桑名 七里の渡し船着場
  
落着いた桑名の宿場     火の見櫓(やぐら)

関西線 朝日駅
  
     近鉄 朝日駅    川辺にテント 橋に月が懸る



第14日目 8月22日(木)桑名・朝日町〜亀山 35.1km

   
夜明け 5:16撮影

朝明川(あさけがわ) 橋を渡れば四日市市だ
  
常照寺さんラジオ体操   電球の灯った常夜灯
  
多渡神社 「ここは心のふるさとです」

四日市といえば石油化学コンビナートの印象が強い
  
朝早いので店は閉まっている  マックで朝食・充電

日永一里塚址
  
   陽射しが強い!!   郵便屋さんも大変だ!!
  
日永の追分「左いせ参宮道 右京大阪道」 水を汲む人々
  
日本武尊の伝説が残る「杖衝坂」(左)  暑さは続く

鈴鹿市来たー!!

石薬師の一里塚 JR東海道線が走る

こういった手作りの心遣いが大変ありがたい

加佐渡駅 無人駅だ ベンチで休憩させてもらう

庄野宿資料館(無料)のおばちゃんが撮ってくれた

なだらかな風景が続く
  
夕暮れに向かう風景が旅情を誘う

井田川駅 たくさんの生徒が帰って来た

ドラゴンボールサイダーを飲む

梅干ラーメンで軽くすます(朝食バイキングに備えて!?)

亀山茶 東海道沿いには茶どころが多い
   
 昨夜も割りとすぐに眠れた。 やはり寝返りで何度か目が覚める。 3時頃目が覚めて次起きると5時だった(電池節約で携帯は切っていた)。 雨降らずよかった(22〜23時、1mmの予報だった)。

 さて出発、久しぶりに川原で立ちしょんした!!(失礼!!) 歯磨き、洗顔は出先で場所をさがそう。

(「立場茶屋」→現代で言えば、自販機、コンビニか?)

 2.7kmほど歩いたところで右を見ると、「冨松山蓮光寺跡」という公園があったので、洗顔と歯磨きをさせてもらう。 ありがとうございます、スッキリ!!

 薬師寺さんでは朝のお勤めの木魚が聞こえてくる。 6:25分。
 常照寺さんではラジオ体操!!

 八田3-2の自販機でダイドーミウ500ml(110円)。 朝の水、うめ〜、冷たくて体にしみる!!(夜も寝汗かくからな〜)。
 近くの常夜灯には電線が引っ張られて灯りがともっていた。

 多渡神社まで来て休憩、お参りする(10円)。 小さい神社だが手入れが行き届いている。 氏子の方が声をかけてくれた。
 ここまで、途中から国道に合流したが、それまでは静かな道だった。 この後、川を渡れば、又旧道に戻るはず。

 四日市まで来た。 朝食もまだなのと、電源も心配なのでどっか店に入りたい。 右に行けば近鉄四日市、左はJR四日市。 近鉄に行くことにした。
 地方都市らしい商店街(まだ店は閉まっていて通勤の人波が多い)を抜けて駅まで行くとマックが!! 外から見るとコンセントもある!!(今まで地方のマックではコンセントが見当らなかったため入らなかった)。 そこで朝マックマフィンを頼む(440円)。 朝飯にしては高いが、コンセントもあるし。
 しかし、カウンターに座ると電気が通じていない。 そこでお店の人(会計もしてくれた、ちょっとオネエっぽい関西弁の人)に聞くと「えっ、入っていませんか」と言い奥へ引っ込むと、「これでつながりますよ」と、どうやらスイッチを入れてくれたらしい!! やったー、親切、笑顔で「ありがとう」と言う。 さっそく、携帯、デジカメ、エネループの3点の充電をセットする(8:16入店)。
 やっぱり、ちゃんと聞くって大事ね!! だいぶこの旅で意志(!?)が強くなった気がする。

 FBのメッセージやコメントに、たまっていた(と言ってもそんなにないか)返事をする。 充電を待つ長時間休憩。 地元の人が外を行き交う。 はじめて来た町だが住んでみたらどうなんだろう? どんな暮らしがあるんだろうな。

 9:30になった。 まだ75%だが、、、いつまでも時間を過ごせないのでそろそろ出発。 78%来た、80%来た、9:42出発。 トイレでおしっこ、うんこ(細いのそれなりにたくさん)出た。 ありがとうございました!! (ウォシュレットありがたい、お尻も洗っとこ!!)

・四日市、日射しきつ!!
・ミニストップ浜田町店でトップバリュー濃いお茶500ml(88円)購入。

 いや〜、四日市暑いわ!! 日永一里塚まで来て休憩。 3.9kmちょうど一里か。 サントリー南アルプス天然水550ml(110円)自販機物。 よく冷えててうめー、最高ー!! ランタスティック31℃と出たが、そんなもんじゃねーだろー!! 早めに梅干一粒食べたー!!(日永5丁目)。
 しかし、この通りもそうだが、旧道が裏道になっていて、地元のクルマがびゅんびゅん走るところも時々あるなー。 気をつけてね!! (また梅干の種、捨ててすいません)。 10:55
 でも、日影に入ると風が気持ちいい!! 座っていた横のポストの集荷に郵便局の人がやって来た。 ご苦労様です!! このあたり、何故か米はぜのような香ばしい匂いもする。 ウエザーニュース見たら四日市、最高36℃だって。 猛暑マーク付いてた!!

 いやー、梅干喰うと本当元気出る!! 体のキレがよくなるというか!!

 追分まで来た。 大きな鳥居があり、左は伊勢神宮、右は大阪・京都とある。 水汲み場があり、顔を洗って飲もうとしたら、次々に水汲みに人がやって来て(それも大量に)ひっきりなしだ。 日曜の掃除の時間には汲まないで下さいと、わざわざ貼紙があるのもうなずける。 みんなクルマでやって来る。 僕も飲ましてもらい、顔を洗う。 人に聞くと泊山から流れてきて、昔から旅人をも潤しているそうだ。

 イオンのマックスバリューまで来た。 采女店。 安い電池を探したが無い。 多少安いバリューのはあるが、それでも300円くらい。 20本でも980円で、100円の倍はする。 ぎりぎりの判断だが購入は見送る。 レジの近くだったので、レジのおばちゃんが「何かお探しですかー?」と声をかけてくれた。 「安い電池、100円くらいの」と言ったら、「うちも多少安いですよ」と。 でも旅先でお金が無いからと笑って話す。 もうこの辺では関西のノリが伝わってくるな〜。 バリューのフルーツオレ500ml(78円)を買う。 こういうものもゴクゴク飲めてうまいな。

 オークワ(鈴鹿市木田店)というドラッグストア・スーパーまで来た。 割と大きい。 電池を見ると20本で798円。 4本当り160円。 まー、しょうがないか。 カードも使えたのでよしとしよう!! これでしばらくは電池安心!! レモンの載ったカキ氷も78円で売ってたのでラッキー!!買う。 シャビィという名でいつもの(サクレ?)とは種類が違う。 う〜ん、どっちがおいしいかな? いつもの? ノートも買えば良かった!!

 加佐渡の駅まで来た(JR東海だ)。 途中道がわからなくなり、カンでこっちかな? などと思い歩くと、しばらくして旧東海道を示す地元の方の表示があったりしてうれしい(うん? でも本で見ると違うような!?)。
 やはり国1沿いは進むに間違いはないのだろうが、ただ歩くだけとなり、環境も厳しい。 ちょうど駅が近くなって少し雨が落ち、遠雷が聞こえた。 すぐに降る様子はないが、休憩がてら様子を見よう。
 駅前自販機でチェリオがまた面白いものを。 「エナジースポドリ×タンサン」(100円)500ml。 疲れている時には微炭酸もよいものだ!! 15:40出発。 涼しくなってきた!! 雨は大丈夫そう。

 女人堤防の碑のところでダイドーミウ(100円)500ml買う。 「おおきに!!」ってしゃべった。 郵便屋さんも水買ってた。

 井田川の駅まで来た。 (17:20) 小さいがきれいな駅だ。 ちょうど地元の高校生達(中学生?)がたくさん電車から降りて、跨線橋を渡り帰って来た。
 この旅で外の自販機で初の缶、ダイドードラゴンボールサイダー7つのビタミン配合(110円)を買う。 炭酸が飲みたかったが、ペットボトルは売り切れだったためだ。
 のどかな駅。 夕暮れの風が気持ちよい。 高校生らが、跨線橋横の街路灯にひっかかっていた鳥(すずめ?)を助けてあげたようだ。 駅でおしっこもさせてもらった(チョロットだけ)。

 亀山までなんとか来た。 あまり大きな町ではないようだ。 テントを模索するも、亀山城、公園などグーグルアースで見てもピンと来ない。 川原も遠くまで行かねば、近場の川では厳しそう。 それに、明日以降のことを考えるとホテルがいいかもなど、煮え切らない。 腹をくくって洗濯しようと交番近くのランドリーに行くも、洗濯機が大きすぎて高くて使えない。
 ならばとホテルにрキる。 亀山ストーリアホテルを選びрオた。 5,800円と6,500円の部屋があるという。 インターネットに出ていた4,900円素泊まりはあるかと聞くと、調べて、「ありますよ」と言う。 カードOK?と聞くと、素泊まりは現金のみと聞く。 う〜ん、と言って近くにATMなどあるかなど聞いたが、カードで使える方でいいですと言うと、「では、朝食付きですが、5,500円でいいですよ」と言ってくれた。
 ホテルに着くとフロントでまず冷たいおしぼりを出してくれた!! 人も親切な方だし、雰囲気も派手ではないが整っていて良い。 カードで支払(5,500円)、部屋(5階だ!!)に入ると、とてもきれい。 すぐに洗濯(200円、もちろん「すっぽんぽん作戦」)し、大浴場へ。
 チェックインのとき、「どうか明朝はゆっくりなさって朝食を食べて下さい。バイキングです。 ゆっくりついでに大浴場もありますから、まずは足を伸ばしてゆっくりくつろいでください」と言って下さった!! ありがたい!! 大浴場は温泉ではないが、ゆっくり足を伸ばしてくつろげた。 体を洗い、風呂を上がる。 風呂後体重は65.8kg、(おっ、65kg台になった。晩飯は喰ってないけど)、体脂肪率は14.1%だった。
 風呂前にフロントに預けておいたお財布かばんを受け取り、両替をしてもらって(一連とても親切!!)洗濯乾燥へ(200円)。晩飯用に170円でカップ麺を買い、梅干と喰う。ロビーにはコーヒーと冷水など飲めるサーバーがあり、風呂上りの渇きを水で癒す。うまい!!
 200円で生乾きの部分がある衣類は部屋で干す。 100円節約。 部屋でお茶を沸かし(亀山茶!!)、電池類の充電(コンセントは二つなので、湯を沸かしたり交互に使う。 エネループは時間がかかるので優先)。 少しテレビつけた(さっき喰ったカップラーメンの日清の創業者のTV)が、じきに消し、マメの手入れや旅支度、日記に時間を取る(調子に乗って遅寝にならないように)。 明朝は朝食をいただくので遅めの出発になる(6:30から朝食スタート)。 明日の計画を練ろう!! 23:00頃就寝。



 第15日目 8月23日(金)亀山〜甲賀市・水口宿 31.1km

 夜中(2:30)に一度目が覚め、次に5:15くらいに覚めたが、すぐにぐっすり眠れた。 5:45のアラームで起き、テーピング、パッキングなどを済まして6:30朝食へ。
 バイキングで、ごはん、味噌汁、ハンバーグ、ソーセージ、玉子焼き、ひじき、大根干し、めかぶ、のり、生卵、黒豆、ポテトサラダ、ヨーグルト、オレンジジュース、お茶など、他にもパンなどもあり、サラダもあり盛りだくさん。 満足!! 食堂の従業員さんも色々声をかけてくれたり親切。
 今朝はゆっくりだったが大満足。 お天気大丈夫かな? 念のため、合羽をすぐ取り出せるようにザックの一番上に入れる。 7:15くらい出発になるかな。
 (起きてすぐおしっこ、うんこ細長少し)(食後うんこ、びちびち)(ひげそり、歯磨き)念のため正露丸飲む。 7:20くらい出発か?
 部屋にファブリーズが置いてあったので、リュックの消臭!!(笠も!!)
 う〜ん、部屋を出るの7:20過ぎた!!(笑!!)

 亀山の町を出て、野村の一里塚を過ぎ、関宿まで一気に5.8kmやって来た。 途中、亀山の町を出てからは、田んぼ、野原の広がる鈴鹿川沿いを気持ちの良い風に吹かれながら歩いてきた。 ファブリーズの効果もあり、尚気持ちよい。 しかし、関宿まで自販機などは無く、休憩所もない。 今日は雲が少し出て太陽が隠れていたからよいが、炎天なら大変だろう。

 関宿に来ても申し合わせたように何もない。 ようやく見つけた自販機で「いろはす(120円)」。 う〜ん、一息つく!! おっと、ごみの収集車が来たので退散!! そこはごみ集積所の横でした!! この先ちょっと行くと、又自販機とかありそう!!(タバコだった、、)。 この通りも静かなようで地元の裏道になっているようでクルマがけっこう行き交うので注意!!

 少し行った、鮮魚青果物商遊快亭の前に自販機と休憩所がある。 「御馳走場」と言うらしい。 (通りの)真中くらいまで来ると、喫茶店などもあり、ゆっくりと休むことが出来る。 クルマが通らないと本当に静かな古い町並みだ。

 また少し行くと「ちょうかんてい」(鳥瞰亭?)という、建物を使った休憩所があり、2階のテラスに上ると街道の町並みが見下ろせる。 中には井戸の再現や、あずまやがあり、外にも街道に面して座れるようになっている。 さっき水飲んだばかりだが、リプトンアップルティー500ml(130円)をまた飲んじゃう!! 気持ちいいー、うまい!! 朝にしっかり食べて調子いいせいか、おいしい水分も欲しくなるー!!

 すっかりのんびり歩いてしまったが、関宿も終り、西の追分に。 休憩所がある。 昔の家をそのまま休憩所にしたもので、上がることもできる。 昔の暮らしは不便だろうが、暑い夏に風通しよく、涼しく過ごすための工夫、造りになっていると思う。

 西追分を出て国道に入ると、まもなく山間の道になる。 途中、自販機を見つけたのでチェリオ麦茶(100円)を買っておく。 この先水場があるかわからないから用心だ!!

 鈴鹿峠自然の家まで来た。 昔の木造校舎を利用した施設だそうで、子供たちがキャンプなどに来ている。 管理の方が話をして下さり、お手製の「東海道53次クイズ」をくれた。 この小学校は先月8月4日のテレビドラマ「二十四の瞳」の本校として撮影にも使われたそうだ。

 小学校を過ぎ、いよいよ峠というところで自販機を見つけ、いろはす(120円)を買い、峠に備える。 (この自販機ごみ箱無いで!! 空いたペットボトルを置いていかず、リュックの袋に入れて持って行こうとしたら、50円拾った!!ラッキー!!) 少し曇ってきた!!

 鈴鹿峠越えた!!きつかった。 箱根より整備されてないワイルドな感じで、行き交う人もいない。 距離は短いかもしれないが急こう配きつかった!! しかし、峠を過ぎ、林を抜けると滋賀県。 急になだらかな穏やかな感じ。 少し先の休憩所でトイレを借りておしっこ。 大きな灯ろうがある。 さて、あとはゆるやかな下りらしいので、のんびり行こう!! やったー!! ありがとう!!
(鈴鹿峠は何だか虫(蚊ではない)が顔に寄って来てすごかった。ファブリーズのいい匂いのせいかな!?)

 峠から2kmくらい歩いてきたが、ゆるやかな下りで楽なのだけれど、国道沿いでびゅんびゅん大型トラックがすぐ横を走る中を歩くのは楽ではない。 薄曇りなのでまだよいか。 これが晴天だったらかなり苦しいだろう。 そんな道の脇の田んぼで花の写真を撮っていたら、おばちゃんが「そんなのめずらしいか?」と言って「水萩」という名前を教えてくれた。 一言二言交わしてご挨拶して失礼した。 「気をつけて」と言って下さった。

 山中というあたりまで来て、道路の右側へ旧道に少し入ることができた。 お地蔵さまのところに自販機があったので、なんとコーラ500mlペットボトル(150円)を買う。 う〜ん、すっきりさわやか。 がんがん照りでないと、こういうのがいいのかな? それとも旅も終盤に入り、糖分などを体が求めるようになったか?

 向かい風が吹くと、とんぼが向かい風に乗ってついてくるようだ。

 道の駅「あいの土山」まで来た。 おおむね下りできつくはなかったが、多くは国道沿いできつかったか。 この後は、しばらく静かだろう。 静かと言えば、この道の駅も静か。 4〜5人の人はみえるが、誰もしゃべらず、パンフを見たり、どこからとなくTV(自販機に付いている宣伝用TVの音だった)か何かの音がするだけ。 無料のお茶(土山茶)や冷水もあってよい!!
 地元のお米を使ったおにぎり290円など売っていたが、迷ってきつねうどん(500円)を食券を買って食べる!! 15:20という時間もあって客は僕一人。 梅干しを一粒のせて梅干しきつねうどんにして食べた。
       
 ちょっと長居しました。 15:46出発しましょう!! (トイレも借りておしっこ少々)

 道の駅から5.6kmちょっと。 大野公民館・三軒家集会所の、ちょっとした公園(ベンチがある)まで来た。 途中、オレンジジュースを2本くれたおばさんがいた。 兄弟は関東にいるとのこと。 関東の人かと思って声をかけて下さった。 田中範弥先輩からрった。 益田会19日のこと。 天気予報見ると、甲賀は夜少し雨らしい。 大丈夫かな? 大坪さんにメールの返信する。 この辺の子供は、すっかり関西弁だな!! 公園で水を飲み、手拭いをすすぐ。

 水口町今郷まで来た。 18:30。 ちょっと道を外れた所のグランドに屋根のある場所がある。 簡易トイレでおしっこさせてもらい、近くの社務所みたいな所で歯磨きと、水を飲ませてもらったあと、屋根の下にテントを張らせてもらった。 案の定、暗くなってから少し雨がぱらつき遠雷もする。 よかった、ありがとうございます。
   
亀山の日の出 ホテルの窓から
  
 ホテルの部屋        朝食バイキング
  
亀山ストーリアホテル     さあ、出発だ!!

  
  野村一里塚       鈴鹿川沿いを歩く

  
「関宿」 見えるは鈴鹿の山か  鮮魚青果「遊快亭」    
 
「東亜足袋 電話十一番」    「番五拾四 局薬オガナ」
  
関宿 西の追分 無料休憩所
  
突然、木彫りの旅人が!!    山間の道を行く   

「鈴鹿峠自然の家」(旧坂下尋常高等小学校)
  
鈴鹿峠 坂も急、倒木などもあり険しい
  
峠を越えると滋賀県 おだやかな下り坂となる
  
   紫の花「水萩」と教わる 東海道猪鼻村(現土山町猪鼻)

梅干きつねうどん

  
オレンジジュースをいただく  地元の方の道しるべ  


甲賀市水口 雨が心配になってきた、、、



第16日目 8月24日(土)甲賀市・水口宿〜京都・三条大橋 53.0km
 

昨夜9時頃、雨・カミナリが激しかった!

朝4時半頃、なんとか雨は上がってきた

水口宿の豆腐屋。時計は5時25分、すでに稼働中。

水口宿 美富久酒造

湖南市、JR西日本草津線も走る

長谷川商店(左)とお休み処(右)
  
 缶コーヒーで一服     記念スタンプも押す
  
       石部宿      「未生流生花教授服部令甫」

「近江富士」ともよばれる三上山 大ムカデ伝説も有り!

「和中散本舗」 薬などを売っていた豪商の家(閉まっていた)
  
街道名物「目川田楽」発祥の地   「話し合う家庭」     

草津宿本陣 現存する最大級の本陣
  
  あの橋の向うが琵琶湖 石山駅から京阪石山坂本線

日本橋から485km 大津あたり

「知るも知らぬも」逢坂の関あたり

京都市来たー!!

三条通り、最後の坂道



ついに来た! 三条大橋!!!


   
 昨夜はひどい嵐だった。 21時〜22時くらいまでかな、心配で外の様子をうかがっていた!! 0:30頃、目が覚め、次は3:30か。 そのまま4:00まで過ごし、行動開始。

 4:45出発。 ローソン水口今郷店でノート買う。 麦茶・おにぎり(105円、98円、110円)、歩きながら食べ、飲む。 3kmほど来て水口宿の休憩所へ。 雨はわずかにぱらついたが、心配なさそう。 しかし、朝から蒸す。

 昨夜、カミナリ・アメはすごかった。 本当にあの屋根の下(ベンチ)にテント張れてよかった。 それでも少し水が押し寄せたくらいだ。 助かった!! ありがとうございます!!

 炭酸が飲みたくなり、美富久酒造の先でチェリオ愛のスコールラムネ風味500ml(100円)を買う。 雨が少しぱらつくが、この程度は笠でOKか。

 横田渡しまでの長い真っすぐの一本道で、おばちゃんに声かけられる。 完全に関西弁や!!

 横田の渡しの先、野洲川の橋、コワスギ!! 欄干が腰の高さより低い!! そこそこ高いし風もあり、雨ぱらつき、水たまりもよけられずキープレフトで直進!!

 湖南市に入り、旧道にもどりしばらく行くと、「お休み処」という休憩所があり一服。 長谷商店という店も前にあり、自販機でダイドーキリマンジャロブレンド(120円)を買う。 今日は小雨もようで汗もあまりかかない。 こんな時は少し甘いものも欲しくなる。冷たさも相まっておいしー!!
 中学生くらいの子供らが自転車にヘルメットで学校に向かっている。 短いトンネルがすぐ目の前にあり、それをくぐった先の児童公園にトイレもあるようだ。
 スタンプ押す。
 この休憩所、天井から電器がぶらさがっている。 夜来た人は自分でつけて使って下さいということかな!?
 小さな虫が多い!!(刺したりはしないけど)。
 ここも裏道で、クルマバンバン、ビュンビュン!!

 また次の「お休み処」まで来た。 手作り感があって、きれいに掃除もされていて気持ち良い!! ありがとうございます。 スタンプがあったので押したが、色違い(青)だけで、内容はさっきと同じだった。 ここまで来る途中にあったお休み処では町内のお祭りのような準備(屋台とか)していて寄れなかったが、そこも同じスタンプだったのだろう。
 火鉢が置いてあって、灰皿代わりだろうが、おにぎりの包みや湿布薬の剥離紙が捨ててあって、旅人の様子が伺える。 (しかし、ゴミや吸い殻はお持ち帰り下さいと書いてあるのだが、、) 雨は上がり、薄曇り状態。少し蒸し暑いが、炎天下より歩きやすい。 先が見えてきたのもあるが、歩くペースが早くなっている。 無理しないように!! 電池の交換もする。

 石部宿に入った。 ここはお花や琴とか、習い事の師範の家が多いなー!!

 おばあさんが「雨が上がるとよろしおすなぁ」と声をかけて下さった。

 さっきのお休み処から一気に8km以上来た!! 手原駅だ。 ここまで座るところもトイレも見当たらなかった(気付かなかっただけかも!!)。 又、自販機も無く、酒屋などはあっても、自販機などは無かったかな。 駅に1〜2kmくらいまでになると、自販機がちょこちょこ出てくるが座る場所が無い。 炎天下の時は、日影を見つけて座りこむことも出来たが、今日みたいな小雨や曇りだと、その辺にも座りにくい。 う〜ん、身体的には楽なんだけど足は疲れる〜。 でも、やっぱりだいぶ楽かな。そんな訳で飲み物は駅までガマンしようと思ったが、チェリオのなんでも100円のペットボトルがあったので、歩きながら飲むことに。 「セーフガード」を買おうとしたが間違えて、となりの「ジャングルマンX」500ml(100円)
、カフェイン・炭酸強めというのを買ってしまった!! う〜ん、びみょーな味わい!! やがて駅まで来て、少しがまんをしていたトイレに行きおしっこ。 おならも出たが、うんこは大丈夫そう。 ちなみに割ときれいなトイレで、洋式だがウォシュレットは無い。
 さぁ、出かけよう!! と思ったら雨がパラパラ。 とりあえずうんこも出して行くことにして、再度トイレへ。 うんこもパラパラと出た。

 草津へ着いた。温泉街ではなかった!!(はずかし)。
 中山道との交差点で、昔の交通の要衝だった街だ。 本陣が残るが有料なのと、時間がないので外から写真を撮るだけ。 食堂で生姜焼き定食を食べてパワーアップ!!(680円)

 4kmほど歩いて大津瀬田の月輪寺の前で一服。 自販機で「いろはす」500ml(110円)。 まだ雨がぱらつく。


 石山の駅まで来た。 休憩を駅前のベンチでしつつ、今日の宿泊を思案する。 明日、京都入りするなら、やはりビジホなどに泊って洗濯など整えた方がよいか。 ならば大津あたり(あと4kmくらい)で宿を取れば残りは11kmくらいで、ゆっくりでも昼に京都に着くだろう。
 しかし、あまりお金を使うのはどうか、、、。 グーグルアースで大津、もしくは石塚あたりを見てもピンと来ない。 なまけ心も働いているのかもしれない。 えーい、時間ばかりかけてもしょうがない!!決断せねば。 ということで、大津のビジホにрキる。 満室、、。 その後石山も含めて何軒かрキるも満室。 京都まで石山から15kmか。

うん??、15km?? 今日歩けるんじゃね!?

 昨日は雷雨のため、たしかに寝不足だが、他の野宿日とくらべて半分も寝ていないという訳ではない。 それに今日は曇天で、暑さで体力を消耗してもいない。 さらに今日で最後だ。行ける要素はあるのではないか?
 それに迷っていた1時間あまりがよい休憩になっている。 行くしかない。 6:15くらいのスタートか。(トイレを駅で借りておしっこして出発)

・よし決心。 途中C.C.レモン(缶500ml 120円)自販機で買う!!

 大津から京都は近いし、電車で10分だし、思ったほどの真っ暗な山道ではないのではないか、そんな気がしてきた。
 大津あたりで夜になってきた。
 しかし、案の定、1号線は交通量も多いのでクルマのライトの灯りは歩道を照らすに申し分ない。 市内に向かう道なので、大型ばかりがビュンビュンでもない。

 逢坂の関、なんの情緒も無くひたすら歩く。

 どんどん歩く。 おそらく今回の旅で最速のペースではないか。

 山道を越え、高速・バイパスを越えるのに少し迷いつつ、京都市内へ。

・京都三条御陵店セブンイレブン、ジョージアカフェオレ(缶 259g 110円)、最後の一本か。 ここまで一気に11.7km。

 三条通りに入ってからは最後のだらだら坂。 そこを越えればいよいよ市中へ。
 途中、自称おばさんの連中に声をかけられ記念撮影。 「学生さんですか?」と言われる。 さらに歩く、一気に歩く(途中の補給は先に書いた通り)。

 ついに三条大橋来た!! ありがとう!!(21:15頃か)

 京都の中でも繁華街のよう。 写真撮影ののち、居場所をさがして烏丸方面へ。 そして京都駅方面へ。 五条あたりで「やよい軒」という定食屋、「焼サバ定食(590円)」、「生ビール(250円)」の食券を買い、一人乾杯。 (22:36)

 三条大橋で央にрオた。
 FBにUP、ありがとう。 同級生にメール。
 堀さん、白土さん、宮崎さんにメール。

 ご飯を食べてどうしようか。 朝まで朝まで駅で過ごして始発で帰るかな。 (トイレを借りて、おしっこ、うんこびち少し)

 しかし、ラストスパート激しかった。 よく一気に15kmあれから歩いたものだ。 それもアップダウンの国道沿い。 やはりふくらはぎがそーとー張っている。 すごく痛い訳ではないが、今までにないくらい痛い。



第17日目 8月25日(日)京都〜東京(東海道線・青春18切符)
 
 その後、駅で過ごすのも大変なので、反対口のマンガ喫茶で過ごした。 横になるフラット部屋がふさがっていて(外国人を含めて、けっこう旅行者が多いのだ!!)、椅子の部屋だったため、熟睡という訳にはいかなかったが、まぁ、そこはテントできたえた、、、(テントの方がずっと寝心地はよい!!)。

 多くの方からFBでメッセージをいただいた。 ありがとうございます。

 え〜ん、やっぱりイス寝はきついな。 そういう人も多かったのかな? フラット部屋は全部うまっていたからね。 外国人も何人かいて、朝、小さな洗面所で頭を流していた。 う〜ん、さすがに僕にはできません!! 濡れタオルで体を拭いてシャツと靴下だけ着替え。 作務衣の上着も着た。 これから列車に乗るのに下着のシャツはやはりまずかろう。 クーラーで寒いし!!

 朝食用にホームで「いろはす500ml(110円)」と「ちりめんじゃこおにぎり(120円)」(京都っぽいか?)買う。

 2番線から8:00発近江塩津行きに乗る。 始発ではないがなんとか窓側に座れた。 進行方向に向かって右側で、進行方向に背を向けた形だ(土休日運転などの表示で少し迷ったが、ホーム前の電光掲示板を見て、駅員に質問。 事なきを得る。 途中、米原で乗り換える)。 快速だが向かい合いの席である。 しかし、座席間が広く、膝がぶつからなくて良い。

 昨晩、あれだけ意を決して歩いた大津まで、おにぎりを喰う間もなく着いた!! さらにもう石山だって!! はえ〜!!
 そして南草津、草津に止まる。 昨日の午後が一瞬だ!!

 三上山(だったかな?)が見える。 雨模様の中、霧がかかっている。
 もうすぐ彦根、遠くに連なる山々から霧が上っていくのが厳かな気にさせる。 お天気になるのだな。

 米原乗換。 しとしと雨が降っている。 8両編成、△の5〜12番で、△10に並ぶ。 おやっ、うしろにおばさん(ぺちゃくちゃ!!)グループが並んできた。 すでにぺちゃくちゃ!!う〜ん。
 始発で入線してきた。 一番に乗ったが、うっかりシルバーシート(オレンジのカバー)に!! しかも、となりはおばちゃんグループ(関西弁)。 あっ、と思い席を移動。 一つ前の入り口のすぐ横で、進行方向左側、前向き、窓側に座れた。 よかった!!(あせったり、人をのけようとかしてはだめだな!! 反省)

 発車してしばらくうとうとした。 すでに次は大垣。 9:49。 まだ外は雨。

 次は岐阜。 まだ雨。 込み合ってきた。
 雨の中、黄金の信長像が見える。

 10:18、尾張一宮。 かなり混んできた。 社内放送で先ほどから「三島でのさわやかウォーキングは予定通り開催」と告げている。 三島あたりまで行くとお天気大丈夫なのかな?

 10:30、名古屋着。 だいぶ人が降りた。 となりの各駅停車豊橋行きに乗り換えた人も多い(この列車は特別快速だ)。

 次は金山。 カプセルホテルに泊まった街だ。 すぐに到着。 なんとなく東の方は空が明るいような。 金山も雨。 名鉄・中央線は乗換。 次は刈谷。

 ちょっとうとうとしているうちに、次は岡崎。 雨も上がってきた。 やはり車窓から見える風景と、実際に歩いて見る風景はだいぶ違うなー。 次は蒲郡。 11:06。
 まだ降っているのかな? 降ってるわ。 蒲郡では名鉄乗換、次は豊橋、乗換だ。

 11:25。 豊橋乗換。 すでに41分発の車両は向かいのホーム、5番線にいた。 まだ閉まっているドアの前に立って並ぶ。 しばらくして右方、前方車両を見ると、もう乗り込んでいる人たちが見える。 あれっ、と思ってそちらの方へ行くと、途中で「後方はまだ車両を接続したばかりだから、もうすぐドアは開きます」と別の折りたたんだ自転車を携えた旅行者に作業の方が説明をしていた。 そこで安心して閉じたドアの前に並び、やがて開いたドアからゆっくり乗車し、進行方向左側、前向き窓側の席に収まった。

 浜松へ、ぐっすり寝た。
 興津行きへ乗り換える。 今度は横向きシートの電車だ。 折返しのため、下りの人が全員降りて、入れ違いで我々が乗る。(この車両にはトイレなし)

 島田まで来た。 興津行きだがここで降りて、島田始発の熱海行きに乗り換える。 興津行きも、後にこの熱海行きに接続となるはずだ。 乗換は隣の3番ホームに移動。 リュックを座席に置いた後、急いで改札階のトイレに行きおしっこ(すっきり!!)。 これでゆっくり熱海まで行ける。

 この車両も横列シート。 寝るにも寝にくく、車窓の風景も間遠になってしまう。 ひたすらうとうとするのみか。 ガイドブックなどもすぐに飽きてしまう。 蔵助にメッセージ。 「今日やってる?」「やってます!!」。
 まもなく清水。 14:04(この列車にも最後尾にトイレついていた)。

 また少し混み合ってきている。 蒲原に着いた。 14:18。 道中でもらった高札のプリント資料など読んでみる。

 仲谷君より「お待ちしています。 楽しみにしています」のメッセージ。

 熱海で最後の乗り換えをして東京行きに乗った。 根府川まで来たが、やはり雨。 東京もずっと雨模様とのこと。

 大磯まで来た。 眠る訳でもなく、たんたんと時間の過ぎるのを待つだけという感覚。
 
   
最後に泊ったマンガ喫茶   京都の朝は雨だった 


京都駅 改札口にて

  
  天井の高い駅構内   ちりめん山椒のおにぎり

  
あっというまに「大津」    三上山と「特急ひだ」


乗換、「豊橋」行きへ


外は雨、、


「岐阜駅」 さっきの特急ひだは、ここから高山本線へ


ひまなので


自分ばかり撮影





お世話になった「島田」 またいつか訪ねよう


東京駅到着後、まずは駿河台の「蔵助」に寄る



以上で、道中書いた日記は終了。 資料編、その他追記は追ってUPします!