日光・奥州街道、そして会津街道を歩いたのは2016年のゴールデンウィークだった。それから8か月が経ち、今この前書きを書いている。この8か月、色々なことがあった。旅の記憶もおぼろになりつつある。しかし、目を閉じれば、心に焼き付けた風景が現像液に浸した印画紙に浮かぶ絵のように甦ってくる。

それまでの旅はすべて夏だった。飲んだ分だけ汗をかき、暑さのテントで寝返りを打ち、寝苦しさに顔をしかめる。そんな旅だった。

新緑の季節。行き交う風は心地よく、暑くなれば服を脱ぎ、寒くなれば上着をはおり、寝袋にくるまってはその暖かさに一人ごちる。

暑すぎず寒すぎず、一人歩く。そんな心身の自由は僕に何を与えたか。

東へ北へと向かった旅。

自由は安らかに悲しみの感を誘(いざな)う。

2017年1月17日 旅人記す


 表 紙 前書き2